ガレージランナー

ガレージキットをテーマにツイッターじゃ文字数足りないことをあれこれ書く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンフェス2011[夏]がさらに大変なことになるようです!


雑誌の早売りがあったのでしょうか?
こんな画像がアップされ、インターネットで話題になっています。
http://oct.2chan.net/nov/y/src/1306126423497.jpg

主な情報発信源(私はツイッターにて情報取得)
模型裏@ふたば
http://nov.2chan.net/y/res/2214722.htm
WFについて(ヌルくなく)語ろう その75
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/mokei/1303890179/l50

ワンダーフェスティバル実行委員会による公式発表は
この記事を書いている5月23日時点ではありません

が、もう既に多くの模型愛好家によって「ダイレクトパスがでるらしい」
ということは共通認識となっています。

反応としては、やはり良くないです。
「実行委員会はさらに金儲けのシステムを構築する気か」とか、
「ゴネたらアメがもらえるのいい見本じゃねぇか」とか、
「転売屋がウハウハする仕組みなわけだ」とか、
そんな感じの反応です。
その辺りはネット掲示板をご覧頂いたほうがリアルに掴めるかと思います。

念の為、記事の内容を転載。
ポイントを抑えて読めるようにしたいと思います。



ワンフェスに「ダイレクトパス(仮)」登場!!

3,000円(税込)
入場には、別途入場チケット兼オフィシャルガイドブック(2000円)の購入が必要です。

パスとチケットと計5000円が必要。
ちなみに、ディーラーチケットは単純計算で、1名辺り9000円
1卓につき2名までで、25,000円。1名追加がプラス2000円で可能なので。

ダイレクトパスは、開催日の8:30~9:00のあいだに会場にお越しいただければ
優先的に館内に入場することができる「特別整理券」です。


ダイレクトパスの販売はローソンチケット(ローチケ.com)で、先着2000枚
6月26日12:00(正午)に発売を開始します。

→日曜日です。日曜勤務で抜けられない方は諦めて下さい。

ローチケ.comシステム使用料210円、発券手数料105円が別途かかります。


購入方法(※詳細は、http://l-tike.com/guide/index.htmlをご覧下さい)

● 発売日前にローソンチケット(http://l-tike.com)で会員登録(無料)をお済ませください。
  (すでに会員の方は、新たな登録は不要です)

● 発売日6月26日12:00(正午)にPCや携帯電話からWEBサイト(http://l-tike.com/wf-dp/)に
  アクセスし、会員番号など必要事項を入力して購入して下さい。1名1枚のみ購入できます。

→登録してみました。メアド・氏名・クレカの入力があるので、
 3つの照合をきちっとローソン側が行っているのならば、
 多重登録による複数入手は難しいかと思います。が、予想の域です。

  支払いはクレジットカード決済のみです。ローソン店頭(Loppi)では販売しておりませんのでご注意ください。
クレジットカードの造れない方、ご両親のご理解を得られない学生様、諦めてください。

● ダイレクトパスのお引き渡しは「7月16日(土)~23日(土)」の開催前日までに、
   ローソン店頭にてお受け取りください



開催当日の入場方法

● ダイレクトパスには、整理番号がランダムに印刷されています。
   開催当日、パスの裏面に印字された地図の場所に、8:30~9:00の間に
   到着するようにお越しください。

ワンフェス開催前にチケットの転売が行われるとすれば、
 パスの裏面の印字内容(スタート位置)によって転売相場が変動するでしょう。


● ダイレクトパスとオフィシャルガイドブック(別売)を同時に係員にご提示ください。
  整理番号順にお並びいただき、他の一般入場者に先駆け優先的にご入場いただきます。


● 規定時刻である9:00以降に到着された場合は、
  ダイレクトパス入場列の最後尾にお並びいただくことになります。
  また、到着が大幅に遅れ、ダイレクトパス入場列の場内引き込みが終わってしまっていた場合も、
  一般入場列の後端に並ぶことなく、優先的に入場口からお入りいただけます。

→9:00以降に到着されても、お客様は神様です。



なぜ「ダイレクトパス」を取り入れる必要が…!?
これは、実行委員会なりの「苦渋の選択」です


暑さや寒さに長時間さらされ体調を崩される方が生じたり、窃盗や恐喝などの犯罪に遭う
可能性も高いため、ワンフェスでは徹夜による入場待ち行列を禁止しております
(警察からもそうした指導がなされています)。ゆえに、開催日前日からの入場待ち行列
が発覚した場合、公共交通機関が動いているあいだはお帰りいただいておりますが、
終電後に生じてしまった入場行列に対しては防犯上やむなく、夜間のうちに会場敷地内へ列の引き込みを
行なっているというのが実情です。

ただし、徹夜による入場待ち行列は禁止行為であるわけですから、ルールを守り始発電車にて到着された方より
も得をしてしまうのはおかしいと考え、幕張メッセ開催以降のワンフェスでは、徹夜列と始発列に優劣を付ける
ことなく同時入場を行ってまいりました。

禁止行為ならば、同時入場でなく徹底的に優劣をつけるべきだったのでは?
 運営側の徹夜組に対する譲歩がある。これは誤った判断だと私は思います。

 が、「徹夜列の最後尾よりも始発列の先頭のほうがより早く入場できる」という説が広まり
(じつは、これは必ずしも正しい情報ではありません)、
始発電車到着直前になると徹夜組がJR海浜幕張駅周辺にたむろしたり、
始発電車で到着した来客のふりをするため一旦改札内に入り込む
ことにより、駅機能を麻痺させるだけでなく
(電車を利用することなく同じ駅の改札を行き来すると、自動改札がフリーズしてしまうのです)、
ホームでの転落事故、階段での将棋倒しなど事故が発生しかねない状況となり、
始発列車到着時間帯の混雑緩和を図ることが急務となってしまいました。

ダイレクトパス導入の理由は、ホームでの転落事故、階段での将棋倒しなどの事故を避けるため
そこで、駅混雑のピークを遅らせ、混雑を分散化するために、
大型テーマパークや一部の大型イベントですでにおなじみの「優先入場」という特別整理券システムを導入する
こととなったわけです。
なお、パスの発行や入場列の整理には多くの経費がかかりますので、
ダイレクトパスはそれに準じた価格とさせていただきます。

→一般入場の混雑緩和には一番効果のある値段だと思う。
3,000円は、社会人には安く、学生には高い値段。ポケットマネーの標準額。
 つまり、社会人と学生の間に一線を引く値段設定ではないかと思う。何だか大人げない。
 また、「クレジットカードによる支払い」という部分の方が差別化が大きい気がする。

ルール破りを是認するようでこの制度に反感を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、
「商品を少量しか用意することができないアマチュア造形家たち主体のイベントである」という特殊性から、
徹夜や早朝来場の自粛を呼びかけましても実用性に乏しく、「この先のワンフェス開催を続けるためには
やむを得ない」という苦渋の選択からダイレクトパス制導入だとお考えいただければ幸いです。

→アマチュア造形家たち主体のイベントであることは重々承知だし、そうあって欲しいと私も思うが、
 実際には企業のイベント会場特別限定商品購入を目的とする行列の方が、一般入場客のにおける
 割合は多いのではないか?
ガレージキットを目的としている世代は既にディーラーチケットを各々努力して手に入れている………ような…。



(もうここからはポエムみたいなものなので興味ある人だけ見て下さい)

私の意見としては、今回の措置は試行錯誤として支持できるものである。
ただし、この方法がガレージキットを売るイベントとして適切だとは思えない。

エスカレーター事件で、社会的に批判されているイベントなので、
階段で将棋倒し事件など発生すれば間違いなくもうワンフェスは開催できないだろう。
(それも、一般入場客も含めた当事者達による判断ではなく、社会一般の常識という圧力によって。)

実際に、一般入場で2011年冬のワンフェスに始発組として参加した時に凄惨な体験をした。
海浜幕張駅到着時から始まる一斉競走。階段への駆け下り。我先にと駆け下りていく中、
徹夜で幕張駅にたむろしていた者たちは駅の「入場券」を握りしめ、始発組を装い改札を往復。
さらに焦り走る始発組。切符が入れられなかったのか、Suicaが足りなかったのか、自動改札機はブザーを鳴らし、
それを大衆の力でこじ開ける。
どう見ても、お祭りというよりもパニックである…。
これが確かにダイレクトパスと同じくらいの2,000人単位で発生する。(発生時間およそ3分間)

どう考えても、いつ事件が起きてもおかしくないのである。いや、起きたことを皆が伏せているのかもしれない。
早急に何かしらの対策をとらなければイベントの存続はありえないと言えるだろう。
「ルール破りを是認するようでこの制度」と、実行委員会も言うように、多くの反感は承知だと思うが、
この試みはこれからもイベントを続ける上で必要な措置だと思う。

ただし、この金銭的な差別化による混雑緩和が正解なのかは疑問である。
しかし、こうすればいいという具体的なアイデアもでてこないので仕方がない。

言い方が悪いが、始発で来るくらいの連中の多くは
メーカーから発売される塗装済み完成品が目的のライトオタク層が多いので、
(現在、6割近くが友達と一緒に来て、仲良く離れないように手をつなぎながら会場入りをして、
 メーカーブースを入場口にしているので。)
メーカーが発売時間をずらす等対策を練るべきではないかと思う。
…一般入場意外にどうやって入場するかって?そりゃぁ貴方も原型師になるんでしょう。
ただ、【当日限定品で顧客を掴み】→【トークイベントなどで顧客を楽しませ】→【新商品を宣伝する】
という、一連の流れがあってこそ出展する意味があるので、多くのメーカーはまず賛同しないだろう。


イベントの規模は一定数確保したいし、徹夜組みは防犯上排除したいし、始発にパニックが起きるのも困る…と、
実行委員会はかなり辛い心境だろう。



どうか、「なんとなく非難する波に乗る」のではなく、
正確に情報を捉えて判断した上で、より良い方法がないのかなど
ネット上で議論して頂きたいと思います。

コミケやワンフェスなどの素晴らしいところは、売り手も買い手も
同好の士であるというコミュニケーション制にあると思います。
それを忘れないで欲しいです。


今、ライトオタクを小馬鹿にしてごめんなさい。
そんな人にこそ、本当はガレージキットに興味を持ってもらいたいのよね。
自分自身がスーパーライト級のオタクだしね。
スポンサーサイト

Top|Next »

HOME

yuu

Author:yuu
ガレージキットのイベントに出没しては写真を撮ってます。
取材は足で、直に聴く!をモットーにレポートを書きます。
まだ2010年のワンフェス冬が初イベント参加のピヨピヨですが
どうぞ宜しくお願い致します。 

ツイッターしてます。yuu_T556です。
E-mail dekodekoodeko(アットマーク)msn.com

[ジャンルランキング]
サブカル
518位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガレージキット
11位
アクセスランキングを見る>>

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。