ガレージランナー

ガレージキットをテーマにツイッターじゃ文字数足りないことをあれこれ書く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィギュア写真の「アプローチ」について(各ウェブサイトを参考に)


6月24日追記

本記事に関して、ご指摘を3点頂きました。
この度は、不快な記事を記したこと心よりお詫び申し上げます。

ご指摘に沿って記事を編集するのは簡単ですが、
それでは私の誤解やご指摘頂いた部分が何であったのか
うやむやになってしまうので、ここに追記という形で示したいと思います。

1.絞りに関して
 各サイトの絞り傾向について分類致しましたが、その分類が誤っているとご指摘を頂きました。
 明確な検証をせず誤った分類をしたことをお詫び申し上げます。

2.「販促写真」との表記について
 販促目的に撮っているわけではないのでは?と、いうご指摘を頂きました。
 純粋な写真作品としてのアプローチが先ずあって今日の活動までに到っているにも関わらず、
 優れた写真を通じて作品の評価が大きく上昇しているという私の私的な見方から
 販促という安易な表記を選んでしまいました。大変申し訳ありません。
 
3.本稿の内容と引用したサイトについて
 「スペック」を撮るか「世界観」を撮るか、という二つのアプローチからそれぞれ
 突出した良い写真を撮られるサイトを紹介させて頂きましたが、
 各サイトそれぞれに、撮影者の想いと紹介が一致していないのではないかという
 ご指摘を頂きました。

 この点に関しては、まず「スペック」を撮るか「世界観」を撮るかという二つのアプローチが在る。
 少なくとも、yuuの中には在るということはどうかご理解頂ければと思います。
 
 各サイトの撮影者がどのような目的で撮られているかに関しては、
 ご指摘頂いた通り、撮影者自身の想いによりますので、私の紹介した内容が
 例として一致するものではありません。大変申し訳ございません。

どのような記事を書いたのかという点については、下記本文を読んで頂ければと思います。
主観甚だしいのはご指摘の通りですが、自分が感じて書いた原稿ですので、
無責任に削除することも、改変することは相手にも自分にも良くないと思いました。

今後より一層、取材や文献の引用等を通じて
客観的で公正な記事を書くよう努めて参りたいと思います。
改めて、本記事に関して大変ご迷惑をおかけしました。


----------------------------------------------

新生活なんとかいけそうだと手応えを感じつつある今日この頃です。
職場復帰ももう面談の内容次第でいつ再開するかというところです。
ゴールしたというか、やっとリ・スタートできた…そんな心境です。



さてさて、前回の「浮き輪プレネールさん」楽しんで頂けたでしょうか?
今日は、フィギュアの写真についてあれこれコラム的なことを書きたいと思います。

写真の撮り方については、雰囲気ではわかっているつもりでも、
実践できているかどうかはもう自分の撮ったものを見れば一目瞭然なので
あまり書かない書けないと思っていますが、どんな写真の撮り方があるのだろうか、
アプローチとしての写真をいくつか有名な写真サイトや作品を紹介しながら
皆さんの撮影や鑑賞のお役に立てる原稿にしたいと思います。


まず、そもそもどうしてこのような記事を書こうと思ったと言えば、
やはり日頃アクセスしているmaterial SNS fg のウィークリーランキングにて、
「フィギュアの綺麗な撮り方 その2」という作品が1位を撮ったからでしょう。



また、最近発売されたフォトライトボックス「フォトラ」が、
模型雑誌での紹介等を通じて、モデラーさん、原型師さんから
好評を博しているからです。

特別な写真家が撮った、綺麗な写真の作品を見たいというよりは、
自分の撮影で気軽にもう少しマシな写真を撮りたい!
と、いうのが最近のフィギュアフォトを巡るニーズのようです。



本題に入っていきましょう。
では、「どんな写真が良い写真なのか?」
まずここからつまずく人が多かれ少なかれいると思うのです。
そして私がわざわざブログに書けるのもこの問いについてが精一杯であります^^;

模型雑誌や販促ポスターに掲載されるような写真が良い写真なのでしょうか?
ワンホビフォトコンテストで入選するような写真が良い写真なのでしょうか?


様々なカテゴライズはあるかと思いますが、私は大きくこの二つのアプローチで写真を見ています。
前者は、モノのスペックを正確に捉える写真です。
後者は、モノの世界観を絵描く写真です。


言われなくてもわかるぜ!と、いう方は、日常の中に「撮る」という行動がある方だと思います。
撮り慣れている方であれば、自然とこの二つの写真の究極が違うことがわかります。
しかし、フィギュアを造ることが100で、フィギュアを撮ることについてまともに考えたことがない方には
結構、刺激的な内容なのではないかと思います。


具体的に作例をご紹介します。

まずは、モノのスペックを正確に捉える写真の例です。
キーワードは影と絞りのコントロールです。
(最近のコンパクトデジカメや携帯カメラでは、わかりにくいかもしれませんが、
 撮影は基本的に光の量と角度を調整し、カメラの絞りシャッタースピード
 コントロールすることで行います。コンデジだとそれがオートで行われるので、
 なんとなく綺麗だけど、なんとなく綺麗以上には撮れないんですね。
 他にも、レンズのこととかカメラのこととか色々あるけど、それは沼にはまってからでOKです♪)

参考→fgフサフサさんの写真(ちょwww股っすか!?)



   →fg昔自分もそんな実験をした



   →デジタルカメラの絞りやシャッター

「foo-bar-baz」さんの写真はフィギュア「そのもの」の魅力を伝える撮り方となっています。
レビューとして、的確な明るさの中で不自然な影を取り除き、また、絞り値を高めにし、
ボケの少ないハッキリと全体像や各パーツが見れる撮り方になっています。

モノのスペックを正確に捉える写真と、モノの世界観を絵描く写真の
境界にある写真と位置づければ「figuephoto2」「figuephoto」さんが巧いです。
管理人のKONさんは主に関東圏のガレージキット販促写真を個人で手がけてらっしゃいます。
KONさんの撮影は、レビューよりも印象を大事にしている部分が強いと思います。
言葉で説明するよりはご覧いただいた方が伝わるかと思いますが、
照明器具の配置を凝らして、影をコントロールして印象的な仕上がりにしています。
コントラスト強め。比較的絞り値少なめ。ボケ味が綺麗な写真が多いです。

また、「りとる★にんふぇっと」さんの写真も非常に魅力的です。
管理人のろっくさんは、主に関西圏のガレージキット販促写真を手がけていらっしゃいます。
絞り値少なめはKONさんと共通していますが、比較的光のコントラストが弱く
ボケ味の柔らかさと共に光の扱いとしても柔らかい雰囲気が魅力の写真が多いです。

三者共に、影の扱いが違いますが、撮影にあたり小道具や舞台、ロケは行わず
被写体そのものの本質を取り出すような撮影が魅力的です。素晴らしい写真家さんです。



次に、モノの世界観を絵描く写真を撮られる写真家さんを紹介したいと思います。
fg:kagoさんの写真は、光の取り回しに加え、舞台や小道具、ストーリー性なども周到に用意され、
被写体の世界観を見事に描いています。



fg:SASAKIさんの写真は、セットとロケとのミックスです。



武装神姫をモデルとした写真が多いですが、kagoさんと異なり彼女たちのスケールに世界を
合わせるのではなく、私たちのスケールに彼女達がいたらというミニマムな世界観が魅力的です。

ねんどろいどの屋外撮影では、fg:ベルさんの写真が印象的です。



屋外という自分の力ではコントロールできない環境の中で、
これでもかという程に光を操り、多彩な写真を撮られます。
さりげなく小道具など用意したり、ボケ味を活用することで
屋外という私たちのスケール世界の中であっても、
フィギュアっぽさをださないところもまた巧いです。

三者共に、時に自作し、時にロケをすることで、
被写体の暮らし・被写体との暮らしを絵描いていくような写真が魅力的です
こちらも素晴らしい写真家さんです。


まとめ…
せっかく撮るのだからマシな写真が撮りたい。そう思うのは自然なことだと思います。
買い手にとっては、写真を撮ることで部屋の飾りだったフィギュアと改めて向き合えますし、
造り手にとっては、写真を撮ることで自分の作品を一区切りし、見つめることができます。


撮影技術に関しては、書籍やインターネットに書いてある内容でほぼ習得できます。
しかし、どんな写真が撮りたいのかは、一人一人答が違います。
ぜひ、様々な写真をご覧いただいて、自分の好きな写真を見つけて欲しいと思います。
そして、その写真のレシピを見出して、皆さんが素敵な写真を撮れるようになればと願っております。

ん~、自分自身はどんな写真が撮りたいのかなぁ…。うーん(´Д`)

« Prev|Top|Next »

HOME

yuu

Author:yuu
ガレージキットのイベントに出没しては写真を撮ってます。
取材は足で、直に聴く!をモットーにレポートを書きます。
まだ2010年のワンフェス冬が初イベント参加のピヨピヨですが
どうぞ宜しくお願い致します。 

ツイッターしてます。yuu_T556です。
E-mail dekodekoodeko(アットマーク)msn.com

[ジャンルランキング]
サブカル
558位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガレージキット
11位
アクセスランキングを見る>>

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。