ガレージランナー

ガレージキットをテーマにツイッターじゃ文字数足りないことをあれこれ書く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレジャーフェスタin神戸3 レポート1(花鳥風月さん)

さて、どうやって更新していこうかなぁと考えつつも
特別これだという方策もないまま一週間が過ぎ去ってしまいました。
仕事→ゲーム→寝る→仕事→ を繰り返すだけで終わってしまいました\(^o^)/
すいません。…。…すいませんorz

ん~、どうしよと振り返りつつ写真をみつつ、まず今回は会場内でたくさんお話させて頂いた、
花鳥風月さんの話と自分が思ったことをご紹介したいなぁと思います。
もう、全然作品レポートというか、おしゃべりレポートなんですけど、
まぁ自分のブログなんだから書きたいならそれでいっかなって感じです。

blog01_DSC01217.jpg
霧雨魔理沙:モルさん(misokaze)のイラストを立体化。元絵の柔らかいタッチそのままに立体化されています。
フリルやシワ、髪の毛の細かな流れが綺麗に立体に盛り込まれています。


blog02_DSC01231.jpg
ウインクの表情も素晴らしいです。魔理沙のちょっと小悪魔な感じがたまらないです(*´∀`*)
瞳は別パーツ化させて、エアブラシで仕上げているということで、とても奥行感透明感がキレイです。
塗料をケチッているからとガブさんは言いますが、薄塗りの仕上げが塗装としても元絵により近く、
柔らかで明るい色味を演出しています。



「おら、東京さ、いくだ!」

花鳥風月…正確には今は真★花鳥風月(かな?)は、
原型師のガブリエルさんと新人君(名前はまだない)と、
その他サポート部隊がいるような(気がする)ディーラーです。
…こうやって書こうとしてみると自分、本当にガブさんのこと知らないんだなorz… 

主に東方作品のガレージキットをかなりのハイペースで制作されています。
絵師さんとの交流も多く、多くの作品をモルさんの書下ろしイラストだったり豪華で、
私は残念ながらあまり詳しくないのですが、東方が好きな方、絵師さんが好きな方なら間違いなく欲しい!
と、思わせる原型を造られます。ハイペースで。

さて、ガブさんが前々から関東に引越しをするという話を伺っていたのですが、
どうもこのトレフェス神戸が終わり次第本格的に引っ越し先を検討するらしいのです。
「ちょっと交通費的に関西のイベントはいけなくなるかもしれない…。」と、いうのは残念な話でありますが、
東京…と、いうか千葉なんだけど に進出するわけで、より様々なイベントで花鳥風月さんの作品を
購入できる機会が増えるのではないかと思います。

で、私としては「商業原型はやらないんですか?」と、いうことをウザイくらい聞きまわっていたんですが(笑)
「やらないと思うし、やれないと思う。」みたいな回答を頂きました。

んー、それはもったいない!

(こっから主観)
というのが私の意見でして、まぁ価値観の問題を一般参加の私が人に押し付けてどうすんのって話なのですが、
やれないはどうかわからないですが、東京というあらゆるコンテンツビジネスが群雄割拠する地域に進出までして、
行くとこ行かないのはもったいないなーと思うわけです。

ガレージキットはガレージキットなりのファン層と考え方、流儀のようなものがあります。
商業原型は、いろいろなテコイレがあって、金にはなるけど自分の作品でなくなってしまうみたいな意見を
聴くこともありますが、テコイレの洗礼を受けて、ガレージキットを造るにあたっても仕上げ方が一気に洗練される
ディーラーさんもいますし、改めて自分としては折れたくない線、個性、についても知ることができますし、
やれるチャンスがあるならば絶対にやっておいて損はないんじゃないかなーーーと、思うわけです。

…自分のブログはテコ入れされたくなかったりするんだけどね(ぉぃ

商業化企画も原型そのものから携わるものや、イベントで発表したガレージキット由来でスタートするものなど
色々ありますので、どんな関わり方があるかは様々だと思いますが、私はガブさんの東京進出において、
ぜひ商業原型進出も視野に入れて欲しいなぁ~っと期待する次第なわけです。
じゃぁどうやったら進出できるかっていうのは自分はよくわかってないのですが、
打ち合わせができるようなチャンスがあればとにかく足を運ぶことでしょうねぇ。何事も。

ユーザーも買い求めやすくなるしね。(モデラー人口はますます減ってしまいそうだけど。)
それでも、モデラー人口を今後支えるものがあるとすればやっぱりそれは完成塗装品を買うユーザー層を
いかに厚くするかなのかなと思います。

blog03_DSC01218.jpg
茨華仙:うぅ…この子知らない……。自分の東方もうついて行けない感が悲しいです。
東方に関しては、ちゃんと知ってる人ちゃんと知らない人の境界線があるような。
AKB48人全員言えないみたいに。こちらもモルさんのイラストから。
チャイナドレスが可愛いです!チラッと白い歯の見える表情もステキです。
ポイントになる脚は大事なトコなんですけど、太ももとふくらはぎがキレイな分ちょっと膝裏が
この写真だと凹み過ぎているかも?あまりデッサンに関する知識がないので偉そうなことは言えないですけど。
ガブさんなら…!



blog04_DSC01219.jpg
また、塗装に関してですが、ガブさんの仕上げはとても色が鮮やかで写真映えがいいんですよね。
私なんか下手なんでついついもうちょっともうちょっとと吹いてるうちに塗料が厚くなってしまい
逆にひくにひけなくなるのですが、ガブさんの塗り方は本当に潔いというのか、薄くそれでいて
陰影感がちゃんとあって美しいです。展示見本で得してるディーラーさんだと思います。



「超高級プレミアガレージキットは有り?」

もう一つ、ガブさんに関する話題としては、8月10日の真★花鳥風月のブログにおいて突如告知された
引越し費用のために完成見本品大放出するよオークションが開催されちょっとした祭になったのが
記憶に新しかったので、そのことについて色々お話をしました。

まー、どの作品もお高い万円ついて落札されたのですが、
なんとフタをあけてみると落札者、全て同じ人だったんだそうです。
(もちろん、誰かは私は知らないですよ。)

うーーーーん。世の中にはお金持ちがいるんだなと。羨ましい!
実際その方がお金持ちなのか人生を削って買い揃えたのかは謎なのですが、
そういう結果を聞くとなんだかもう本当にごくひとにぎりのお金持ちのための
ガレージキットがあってもいいんだろうなぁという気がしてきました。

原型師さんはだいたい「できるだけ欲しい人みんなに買ってもらいたい。」という
もうそれはスーパーヒーローのような優しさでガレージキットを販売される方が多いのですが、
世の中は「みんなが欲しい、自分だけが持ってるもの」が『欲しい物』なことが多いわけです。
自分にとってはやはりむーぶさんが塗装してくださったチルノ、HAYAさんが塗装してくださった小烏が
やはりココ一番の宝物でしょうか。

それで、私は自分の個人的な仕事の都合上、とんでもないお金持ちさんをお客さんと貪欲さは果てしないわけですよ。ホント。
お金持ちだとだいたいは車とか時計とか洋服とかまぁぶっちゃけわかりやすいものが好きなんですが、
ここ最近では特定の趣味があって、社交的なステータスとは全く別に自分の趣味にものすごい投資を
する方もいらっしゃるんですよね。まぁ数寄者さんがいるわけです。

彫刻や絵画のようなアートではなく、あくまでガレージキットというカテゴリーの中で
とんでもなくこだわりな、とんでもなくプレミアな、とんでもなくオーダーメイドな作品で
本当にひとにぎりのVIPに。たった一つで常識的な価格帯で100人、200人に販売するに相当する
金額のガレージキットも売れるのではないかなぁと思うわけです。
もちろん、一流の原型で一流の塗装で一流のおもてなしができないとダメだとは思うのですが…。

ガレージキットとというかオタクというカルチャーの中でなかなか富裕層をターゲットにしたアイテムというのは
受け入れがたいものなのかもしれませんが、ガレージキットという存在がオタクマーケットそのものの中で
かなりニッチな存在になってきている現実をみると、そんな取り組みがあっても面白いのかなぁと思いました。
まぁあくまで主観ですけれどね。
そして、自分は絶対に買えないので面白くもなんともないのですが(結局、どっちやねん)

blog05_DSC01222.jpg
河城にとり:花鳥風月さんでも(と、いうか東方ガレキ全体でも)登場回数が多いにとり。
今回はハート型に指でポーズをとっているかわいいにとりです。こちらも脚の動きがポイントで
可愛らしさが倍増しています。戸田さんの原型をとても参考にしているというお話を以前してくださった
ことがあるのですが、膝の造り込みやおへそのリアルな感じなど、アニメ風なキャラクターの中に
きっちりと人らしい(カッパだけど)造形があり、フィギュアとしてのリアリティを感じます。


blog06_DSC01234.jpg

blog07_DSC01223.jpg


やー、ぜんぜん作品に対するレビューが書けてないですね。
でも写真みんなきれいでしょ?
これだけの魅力的な作品に、いつも親切にお話してくださるガブさんですから、
こんないろんな話をあーだこーだとイベント会場でついつい話しこんでしまうのです。
花鳥風月様、貴重なお時間をありがとうございました。


( ^ω^)・・・ 日本語もおかしいですね。ですますとだよね言葉がごっちゃごちゃですわ。


blog08_DSC01237.jpg
魂魄妖夢:エロい造形もやってやる!!ということで、今回初登場となった妖夢です。
まぁ見てのとおりパンツです。自主規制。自分はあまりエロいのは好きじゃないタイプなのですが、
こうなんというか写真に撮っても公開しがたい表現ってまさに当日会場でしか買えないような
ガレージキットらしい表現世界だと思うんですよね。パンツエロかったです。
思い切って大きいスケールにしたぶん、リアリティはあるのですが、それが不気味の谷のようにも
作用していてフィギュアの難しさを感じました。まぁ兎に角、パンツァーさんは必ずチェックだw


blog09_DSC01226.jpg

blog10_DSC01229.jpg
犬走椛:こちらはディフォルメサイズです。ガブさんのディフォルメは本当にかわいいですね^^
膝のちょんとした感じが可愛らしいです。
膝・肘・手首など関節部のライン取りは良くも悪くもガブさんの一番癖があるところだと思います。
ディフォルメタイプ、リアルタイプそれぞれの中で最適な表現をさらに探求して頂ければ
さらに魅力ある作品が登場すると思います。(生意気言ってすみません…)
新作をだす量が凄まじいので、きっとこれからもっともっと良くなるんでしょうね。
楽しみでなりません(*´∀`*)



ガブさん、お忙しいところ原稿チェックありがとうございました。

10/18追記 椛は新人さんの作品ということでした。確認不足をお詫び申し上げます。


スポンサーサイト

Top|Next »

HOME

yuu

Author:yuu
ガレージキットのイベントに出没しては写真を撮ってます。
取材は足で、直に聴く!をモットーにレポートを書きます。
まだ2010年のワンフェス冬が初イベント参加のピヨピヨですが
どうぞ宜しくお願い致します。 

ツイッターしてます。yuu_T556です。
E-mail dekodekoodeko(アットマーク)msn.com

[ジャンルランキング]
サブカル
518位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガレージキット
11位
アクセスランキングを見る>>

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。