ガレージランナー

ガレージキットをテーマにツイッターじゃ文字数足りないことをあれこれ書く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンダーフェスティバル2012[夏]に行ってきました!

WFが終わって1週間が過ぎました。
自分も色々と日常生活のリズムを戻しつつ活動しております。
さて、今回も見どころの多いWFとなりました。

私は、企業さんのアテンドが入ったため撮影の時間を取ることができず非常に悔しいWFになってしまいました。
いつも挨拶させて頂いているのに今回ご挨拶できなかったディーラーさんがたくさんあります。
本当にいつも良くして頂いているのに申し訳ありません。
とは言え、かなり藪から棒だったし、実現性はちょっと低そうな話でしたが、
自分に原型師さんを紹介する様な機会を得られたことはとても喜ばしい出来事でした。
どのようにWFでの出会いが結実するかわかりませんが、何か良いことが起こればいいなぁと思います。


まぁ、そんな特別な事情もあって、今回ある作品とその作品にまつわる環境から
自分の考えや意見を記すことで2012年夏のWFのレポートとしたいと思います。


原型師という“キャリア”をどう育てるかについて

8-20-05、うろこもんさんの「竜の落とし娘」という作品がオリジナルでありながら
そのディティール・バランス感覚・ディフォルメの具合と、どれをとっても素晴らしかったです。
まだエッジの効かせ方や、再現性(今回オリジナルなので)、組む人への配慮など
盛り込める要素は多のかもしれませんが、まずぱっと見て、
これは期待させる作品が来たなと思わせるパワーを感じました。

02_DSC04586.jpg

05_DSC04589.jpg

原型師さんにお伺いしたところ、専門学校の生徒さんということで、
最近の専門学校生は本当にすごいなぁ~と感心する私でした。
知る人ぞ知るという感じでしょうか、最近若手の注目作品は
専門学校生の手によるものが非常に多いんですよね。

03_DSC04587.jpg

04_DSC04588.jpg

01_DSC04584.jpg
オリジナルのイラスト。絵が描けるって羨ましい。絵からもどんな作風にしていきたいのかイメージがしっかり伝わってきます。

これまでずっと独学で覚えていくものだった原型作りのノウハウが、
洗練され、体系化され、組織によって運用されるものになったことを強く実感します。

仮に、即売会のみで原型を販売している人をアマチュア。
メーカーに原型を納めて生計の一部としている人をプロアマ。
メーカーに所属して生計の全てを立てている人をプロ。
とすると・・・もちろん、この考え方は価値観に基づいて本当に人それぞれなのであくまで仮にとさせて頂きますが

(A)アマチュア→プロアマ→プロ
だったこれまでの原型師さんのキャリアプランが

(B)学生≒アマチュア→プロ→プロアマ 
へと、徐々に変化している様に思えます。
正確には選択肢が多様化しているという風に感じます。

「プロがアマ化する」という表現は、友達に薦めてもらった
森川嘉一郎 著 「趣都の誕生―萌える都市アキハバラ―」で出会ったのですが、
学習体系やと、完成品PVCとしてメーカーの活動が一定の成熟を期して
原型師という仕事においても見られる様になったのではと思います。
尚、(A)と(B)のプロアマという立ち位置は私の中では大きく内容が異なります。
前者はプロ原型師に品質やノウハウを監修される立場のプロアマ原型師さんです。
後者はメーカーに新しいラインナップやブランド、遊びを相談される立場のプロアマ原型師さんです。

そんな中で、今回自分が相談を持ちかけられたのは(友達伝いの変な縁でしたが)伺ってみると、
「自分たちは幾つかの版権を有しているが、なんとか自社の力でフィギュア化を進めたい」というご要望でした。
それでもう少し聴いてみると、「やりたいけど、具体的には監修も生産も良くわからない」といった感じで
ちょっと現状では心配な状況でした。そういう状況で「まずは原型師さんを紹介して欲しい」ということなので
それはなんとも難しいなと正直なところ思ったわけですが、
「原型が作れて、監修を受けれて、製造工程にも精通している原型師」
が、世の中に求められているのだなぁとニーズを伺う中で感じました。

実際に、そこまでできなくても完成品PVCを造るとなると
そのような一連の工程を経る分けなので知っていて損することは何一つないでしょう。
そして、企画から販売までの工程を学習できるのはやはりメーカーに勤務する他ないということと、
メーカーと専門学校が提携を結び必要な知識経験を体系化し、積極的に授業に盛り込むことしかないだろうな
と、思いました。


原型師というキャリアプランが多様化していくのと同様に
目指す原型師像というものもこれから多様化していくのだろうなと思います。
上手く造れることは原型師の誰もが憧れる命題だと思います。
でも、その他に産業として頼れる原型師というのもこれから存在感を増すのではと思いました。
職人として、ディレクターとして、プロデューサーとして、尖ることも拡がることも自由なのです。

というわけで、せっかく専門学校が盛り上がっている様なので、
ぜひとも多様な才能に合わせた多様な原型師さんの在り方を授業で生徒さんに紹介できればと思います。
また、メーカーも「どんな原型師さんにこれから活躍して欲しいのか」改めて熟慮し連携して頂ければと思います。

さらに、大学としても美術・芸術そして産業と、どのように関わりを持っていくのか気になるところです。
モノづくりとして、原価があって、人件費があって、販売管理費があって・・・という意識は当然ですが
それがどれくらい実際現場を担う、アーティスト・デザイナー・クリエイターに浸透しているのでしょうか?
「クールジャパン」(この名称がふさわしいかもどうですが)として、日本ブランドをPRしていくのであれば
美術と産業がもっと密接に関わる様な教育を進めて頂ければと私は思います。



と、まぁプリキュアが盛り上がっているとか、
ラグランジェコンペのエントリーが凄かったとか、
3Dモデリングのキットがとんでもないことになってるとか、
うぐいすさんの作ったエリンギが有名な声優さんに買ってもらえたらしいよとか、
色々と書きたい話題はあるのですが、
自分としては、原型師というキャリアプランが今回参加して気になったポイントだったので
WFレポートとしてまとめさせて頂きました。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。


フォトレポート

06_DSC04608.jpg
フラワーショップさんのキュアピース。自分の中でも注目してたのに全然キュアピースの写真が撮れなかった。
流行りものが好きな人も、個性的なキャラが好きな人もみんなキュアピース造ってましたね。
ボーメさんもキュアピース造ってた!!ホント恐ろしい子だよ。


07_DSC04606.jpg
コンパチ仕様の黄瀬やよい版。笑顔も恥ずかし顔もあざとい。躍動感のあるポーズが似合ってますね。
瞳はあどさん渾身の一筆入魂。黄色→オレンジ→茶でしょうか。いつも緻密で美しいです。


08_DSC04611.jpg
こちらはキュアサンシャイン。とらbrindleの新作です。seaさんといえば初音ミクというイメージだったのですが
今回はプリキュアに挑戦ですね。それでもツインテールなのはやっぱり好み表れ?!


09_DSC04612.jpg
ハトプリはディフォルメが強く難しいイメージがあるのですが、しっかり先端に画風の躍動感を持たせつつ
かわいくまとめあげています。seaさんの持ち味がこれからも多くの作品に活かされていけば良いなと思いました。


10_DSC04593.jpg
鶴の館さんからは、アクセルワールドより黒雪姫。こちらも人気でしたね。
大きな蝶の羽とコスチュームで造ってみたいと思わせる魅力満載の黒雪姫。
その存在感は「輪るピングドラム」のプリンセス・オブ・ザ・クリスタルを彷彿とさせます。
でも、羽がデカすぎて真正面一本勝負みたいな造形になっちゃうので、実は地雷だったり…。
そう思っていたのに、その地雷の上にどっかり腰を下ろして魅力たっぷりな黒雪姫を造り上げる鶴の館。
さすが潜ってきた戦いの数が違うなぁと思いました。


11_DSC04402.jpg
そんな地雷キャラを上手く魅せたなぁと思わせたのは、バジルの造形魂+Y氏の部屋の黒雪姫。
横向きに始めから据えることで身体のラインも大きな羽もコンパクトに見せています。
また、切り株に座らせるというアイデアもラインを上手くまとめて魅せるなぁと思いました。


12_DSC04403.jpg
こちらは、はるゆきアバター。たくさん集めてピラミッドでも組ませたいですねw
簡単なカタチの中、しっかりと表情や仕草を造りこんでいてとても可愛らしいです。


13_DSC04405.jpg
さらにスカーレット・レイン(小説挿絵版)。このパールっぽい塗装例が私はお気に入り。
可動パーツとあわせることでアクションフィギュアとして遊べます。
アクセルワールドは、人としてもメカとしても原型師さんに喜ばれるキャラが多いですね。


14_DSC04394.jpg
さらにバジルの造形魂+Y氏の部屋から初音ミク フェイ・イェンスタイル。
正直ついていけてない…。バーチャロンとのコラボコスチュームなんだそうですね。
ちっちゃディフォルメとすまし顔がかわいいです。


15_DSC04536.jpg
初音ミクつながりで、こちらはちくたくらびっとさんの初音ミクトリコロール・エア・ラインモジュール。
今回も髪の毛パーツに透明カラーレジンを投入。トランクもあって決まっています。


16_DSC04537.jpg
こちらは髪とスカーフ差し替え版。ガレージキットの完成度に加えて、パーツ変更の遊びを加えてくるのは
さすがちくたくらびっとさんだなぁと思います。ちょっと大人っぽい雰囲気。


17_DSC04534.jpg
ちくらくらびっとさんで驚いたのは、大きく飾られたこちらのボード。keepoutさんの描き下ろし!
今回の販売に合わせて、keepoutさんが自ら改めてトリコロール・エア・ラインのミクを描かれたということです。
ピアプロの絵も帰宅後拝見したのですが、めっちゃ上手くなってるやん!びっくりしました。


18_DSC04485.jpg
初音ミクから今度は亜種へ…。FIESTAさんの可動弱音ハク。ついにシリーズになって揃いました。

19_DSC04483.jpg
こちらは亜北ネル。このネル特に好き。ネルだとシェリフさんの作品が有名ですがしっかり愛されてますよね。
これからも同人の底力でどんどん魅力を磨いて頂きたいです。


20_DSC04486.jpg
重音テト。ツインドリルがいい感じです。ちょっと強気そうな表情も素敵ですね。

21_DSC04368.jpg
さて、今回はガイドブックの表紙もラグランジェだったぐらいなのでラグランジェは多かったですね。
コンペでは50作品近い展示があり、これを全部撮ろうとしたら半日終わると思い撤退してしまいました…orz
皆様せっかく造られたのに本当に申し訳ありません。硫黄泉さんのラン。カワ(・∀・)イイ!!


22_DSC04366.jpg
うさPハウスさんのラン。ランはだいたいどこもこのポーズでしたね。

23_DSC04497.jpg
トキチさんのラン。やっぱりこのポーズ。というかランしか撮らない自分も悪いな…。

24_DSC04493.jpg
で、どさくさに紛れて(?!)中島愛を展示するトキチさん。ちょ…これ人じゃないですか?!!
「いやー、申請してみたらOKでたんだよ~。」恐ろしいですトキチさん。ジャージかわいいなぁ~。


25_DSC04495.jpg
元のイラストがまた可愛かったのでパチリ。和錆さん作。このスカートに挑戦するフィニッシャーさん楽しみですね~。

26_DSC04441.jpg
工作部屋よりNoiさんの作品。ひかりバンビさんとのコラボレーションです!うぅ、ピントがあってないゾ…。

27_DSC04443.jpg
なんとなく、このリスがNoiさんに似てて可愛かったw

28_DSC04444.jpg
ネコ。デザインフェスタなどには出展しないのでしょうか?欲しい人がもっとたくさんいるに違いない。

29_DSC04446.jpg
でも、今回工作部屋で外せないのはこちらの機動歩兵。なんと開始1時間で100個完売!

30_DSC04447.jpg
機動歩兵ファンの厚さ・熱さを感じます。塗って良し。並べて良し。手に入れた人のにやっとした顔が浮かびますね。

31_DSC04505.jpg
かわいいもの系でいくと、Impulsiveさん(今回グリズリーパンダさん委託)のストラップ。
これも私の感覚ではデザインフェスタなどで販売すると随分違った反野になるのではないのかなと予想。かわいい(*´∀`*)


32_DSC04508.jpg
まどか☆マギカより、グリーフシード。小さくて細くて細かくて、本当によく原型・複製できたなと思います。

33_DSC04507.jpg
さて、ありました!ちっちゃかわいいもので話題といえばイヤホンジャックカバーでしょう。
「あの夏で待ってる」からりのん。ニコニコ直販では、にゃんこやドアラが話題になってましたね。
これからも楽しませてくれるジャンルなのかなと思います。


34_DSC04509.jpg
で、さっそくこちらはグリズリーパンダさんのイヤホンジャックカバー。
ちょ・・・!マミちゃう?!!さっそくネタを投下してきました。


35_DSC04518.jpg
すっかり人気ディーラーのグリズリーパンダさん。今回も3Dモデリングから出力させた凄い新作を続々販売。
初音ミクTell Your World。こちらは自分もトレフェスで途中のものを拝見して楽しみにしていたのですが、
期待を裏切らない素晴らしい出来栄えでした。


36_DSC04519.jpg
モデリングからの切削なので、台座などは得意分野だと思うのですが、
このロゴの躍動感など、まずモデリングとして生き生きとした表現で魅せてくれるのは流石の仕事です。


37_DSC04520.jpg
流れる髪や仕草、まぶたの感じも可愛らしいですね。いつか買いたいけれど、うーん。果たして手に入れられるのだろうか…。

38_DSC04522.jpg
あと、驚いたのがこちらの彫り。服の衣装に丁寧に施されてるんですね。
立体としてどこまでも楽しませてくれます。塗装作例も見たいなぁ~(>_<)


39_DSC04516.jpg
初音ミクハートハンター。カラダのラインが本当にきれいです。
表情もぐっと可愛らしくなっています。こちらも同様に服のディティールがしっかり
盛り込まれていて美しいですね。


40_DSC04515.jpg
初音ミク みくずきん 

41_DSC04514.jpg
ストライクウィッチーズ2nd 【エイラーニャのSweet Duet】 今回限りの販売ということで、
こちらを購入された方はもう人生の運を全て使い切ってしまったことでしょう。
2人同時とかどんだけ卓越してるんだ・・・。絶妙なバランスで抱き合ってますよ。


42_DSC04510.jpg
魔法少女まどか☆マギカよりアルティメットまどか。ボリュームが凄いですね。
デカイけどまたこちらも羽やフリルが非常に細かい。
こちらはまだ最終ではないのでしょうか・・・。まどかファンはお早めに!


43_DSC04553.jpg
もう一つデジタル原型で素晴らしかったのが、こねっかーずさん。
IA -ARIA ON THE PLANETESはウミヤマヒロシさんの原型。


44_DSC04554.jpg
流れる髪とカラダのラインの美しさが本当に素晴らしいです。
このバランス感覚は道具がなんであれ作り手の経験と感性だなと感じます。


45_DSC04556.jpg
境界線上のホライゾン ネイト・ミトツダイラ。K@Zさんの原型。
小さいキットなのにほぼマスキングなしで塗装できてしまうような細かなパーツ構成になっています。


46_DSC04545.jpg
さらに、浅間・智。というかK@Zさん・・・何、ディーラーブースを満喫してるんですか?!
ワンダーフェスティバルの一番楽しい場所でみんなと一緒に作品を並べれて実に羨ましい~。


47_DSC04558.jpg
偽物語より忍野忍。こちらはこねっかーずで今回参加のsaiさん。
ドーナツを手に取り嬉しそうな表情と全体のバランスに安定感を感じさせます。
以前購入した黒衣マトより断然上手くなってる。これからも楽しみにしています。


48_DSC04579.jpg
浅井さんの卓では、QUMARIONの展示がありました。
ついに発売ということで、3Dモデリングの新たな可能性が広がります。
これからユーザーが実際にどのように使いこなし、新境地を開拓するのかこれからの話題が楽しみですね。


49_DSC04597.jpg
ゆきうささんの卓では、東方紅魔郷より紅美鈴。フィニッシャーはむーぶさんです。
かわいい萌えキャラが多い東方の中では格闘系ということですらっとスマートな紅美鈴。
ゆきうささんの原型で、見事にかわいさとスマートさが一つになっています。
仕上げがさらに良くポップな感じでイキイキとした紅美鈴を魅せてくれます。


50_DSC04451.jpg
青銅circusさんからは、BUNNY BLACKよりエカテー。
残念ながら私はこの子をよく知らないのですが、むーぶさん仕上げなのでピックアップ。
団長さんこだわりの造形で、羽やフリル(?)が一枚一枚本当に丁寧に造られています。
綺麗な桜色なのでなんだか食べれそうですねw
また模様からのスカートの流れとそこからのカラダ全体のラインが美しくとても清楚です。


51_DSC04463.jpg
僕は友達が少ないから、三日月夜空。寝そべり姿でちょっとドキッとします。
髪が微妙に先端が上へ向いてる感じがとても好きです。あと膝がエロいよね。


52_DSC04464.jpg
さらに柏崎星奈。こちらは座った感じがまたなんかエロい。
ドキッとするっていう表現と、エロいっていう表現は紙一重な気がしますよね(;´∀`)
さりげなく、髪も肌も制服も黄色っぽいのに綺麗に色が分けられていて流石だなぁ~と
超素人モデラーの私はとても感心したりします。


53_DSC04529.jpg
スノー☆キャット 乙山さんの新作は、めだかボックスより黒神めだか。
乙山さんの好みが最近わかってきたような気がする私です。
「凛っ!」とカキモジがあるように、自信満々な姿がめだからしいです。
あとめっちゃ胸がでかいのとwそれをさらに強調するかのような服のシワのぎゅうぎゅう感がすごいです。


54_DSC04560.jpg
最後に、りゅんりゅん亭さんから展示されていた作品。
コヤマシゲト氏のCDジャケットイラストを立体化コラボレーションした様です。
ポップで元気な女の子に仕上がっています。またパーツひとつひとつの情報量がこれまた多い!


55_DSC04564.jpg
CDジャケットはこちら。どうもPhat!さんのCD企画?発売が楽しみですね。
小さな文字でアクションフィギュアと書かれているのですが・・・この子、うごく・・・の?


56_DSC04567.jpg
側面をパチリ。ローラースケートやグローブなども細かく再現されています。
ぎゅぎゅっとしたアイテムの充実感がかんしさん的にもとてもマッチしてていいコラボレーションだなと思いました。

スポンサーサイト

Top|Next »

HOME

yuu

Author:yuu
ガレージキットのイベントに出没しては写真を撮ってます。
取材は足で、直に聴く!をモットーにレポートを書きます。
まだ2010年のワンフェス冬が初イベント参加のピヨピヨですが
どうぞ宜しくお願い致します。 

ツイッターしてます。yuu_T556です。
E-mail dekodekoodeko(アットマーク)msn.com

[ジャンルランキング]
サブカル
518位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガレージキット
11位
アクセスランキングを見る>>

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。