ガレージランナー

ガレージキットをテーマにツイッターじゃ文字数足りないことをあれこれ書く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fg運営と意見交換会してきました!

はじめに

2月15日、fg運営チームから「会おうぇ!」のメールが来た!
12日のワンダーフェスティバルで出会った3日後のことであり、
ブログの原稿が上手くまとめられずアレコレと迷走しかけていた矢先の出来事だった。
『新fgについて色々とご意見を直接賜る機会を頂きたいと思った次第』という内容にて、
『ガレキが好きであること、ディーラー様方との交流があること、fgを愛して頂いているユーザーであること』
な、感じの人だろうということで私に声をかけて下さったそうだ。
自分がそんな風に評価されたということ含め、誠にありがた~いお誘いが来たのだ。

18日投稿のブログ記事にて「fg」についてあれこれ素知らぬ顔で書いたが、
その裏では着々と対談をする準備を進めていたというわけだ。なんだか腹黒いね。


fg運営と直接話ができるということで、私もここぞとばかりにガッツク。
リニューアルの仕様や今後の展望はもちろんのこと、
新体制に至る経緯や組織体制についても聴きたいし、
あわよくば私の要望も反映させてもらえる。
むしろ、運営がユーザーの生の声を望んでいるのだ。

と、いうことで今回は2月23日にグッ鉄カフェにて行われた、
fg運営チームとの『fg意見交換会』についてレポートしたい。
仕様の詳細説明ではなく、大きな話題のところで、
新fg運営ってどんな組織?新fg運営ってどんなサイトになる?のという部分について、
いつも通り、私の意見も存分に加味しつつ書いていきたいと思う。

尚、fgと同時にcgも存在しているわけですが、今回はfgにのみ話題を集約させて頂きます。何卒ご了承下さい。



株式会社クロメアって何者なんですか?

お互い本題の新fgについて話し合うべきところではあるが、
まず私としては(おそらく皆さんとしても)どうしても気になることとして、
(1)なんでfgの運営が変わったのか
(2)なんで株式会社クロメア(新運営)が引き継いだのか
(3)で、その株式会社クロメアってどういった集団なのか

を聴くことにした。外堀的な話題だけど、こういう機会でないと絶対に聴けないし、
まず経緯や運営組織そのものについて知っておかないと本丸(新fg)についても
ちゃんと理解できないと思ったからだ。

古参のfgユーザーは既知のことだと思うが、fgはそもそも
株式会社エンタースフィアが立ち上げたフィギュアコミュニティサイトである。
株式会社エンタースフィアは、任天堂に勤め情報開発本部にてゲームの企画に携わっていた
岡本基氏が、同社を退職し2008年に立ち上げたソーシャルゲームの企画・制作・運営会社である。
(正確にはもっと広い事業領域が想定できるが「ぶっちゃけ、ソーシャルゲーム関連でしょ?」
 と、言ってしまってOKな業務実績であろう)

2008年5月の(株)エンタースフィア創業とほぼ同時期にfgが産声をあげる。
なぜゲームではなく、SNSを創業第一弾コンテンツとしたのかはよくわからないが、
とにかくfgは旧運営の思惑通り、
『フィギュアや模型、ドール、ブロックトイ、鉄道模型、ぬいぐるみなど、
 立体物の製作・撮影・閲覧をみんなで楽しむコミュニティ』

として、着実に会員数を伸ばす。
また、ソーシャルネットゲームにも進出し、収益体制を確立していく。
fgでも広告枠の拡大や自社ゲームブランドの宣伝(事業領域があまりに異なり、ユーザーに
歓迎されるものではなかったが)、パイオニア「フローティングビジョン」との
コラボレーション企画、fgスーパーテクニック(これって完結できたの?)など、様々な企画・運営を進めていく。
しかし、徐々にfgは精彩を欠くようになる。――会員数が増加し続けているにも関わらずだ。
私の推測混じりではあるが、広告収入しか当ての無いfgに比べて、課金システムが確立されている
ソーシャルゲーム事業での業務に手一杯になっていったからだろう。

開設から約3年。
2011年上半期には、ユーザーもfgの放置感にウンザリしていた。
私もその一人だった。


そして、ついに2011年吉日。
双方前職時代から飲み仲間だった、旧代表岡本氏と現代表八十八氏が
「fg・・・捨てようかと思うんだ」
「それを捨てるなんてとんでもない!」

という会話を経て、fg運営の引継ぎ事案が浮上。
仕事を辞めてフラフラしていた(?)八十八氏が会話の流れのまま
fgの一切を引継ぎ、自らfgを運営する運びとなった。

まぁ、八十八氏本人から今日に至る一連の流れを聴いた私としては
「なんだよ、居酒屋でそんな大事な話決めてんじゃねぇよ」と思いつつ、
「本当に大事なことは居酒屋で決定されるのが日本のビジネス!!」と、
昔、私に熱く語っていた恩師(大学教授)の顔が浮かんだ・・・。

とにかく、八十八氏によってfgを運営するために株式会社クロメアは立ち上げられ、
2011年10月正式にfgは(株)エンタースフィアから(株)クロメアへ業務移管された。


余談だが、八十八氏がどういった経歴の持ち主かはひと通り確認させて頂いたが、
ご本人が現在情報を公開していないので、ガレージランナーとしてもそれに従う。
岡本氏の飲み仲間的な範囲の仕事に居た人で概ね察して欲しい。
とりあえず、私の人物評価としては「成るべくしてfgの新運営に就任する資格のある人」。
私自身が齢26足らずなので評価眼そのものがまぁ及び腰な訳なのだが・・・
こんな私で良ければ信用して欲しい。

さらに余談だが、自社説明サイトを開設するのは割りと企業活動として
優先行動なのではと私は思うが、株式会社クロメアは、今日に至っても
自社説明サイトを開設することすることなく、プログラムの構造やサーバーの仕様など
「fgの現状」を確認・調整することに注力している。
こうして実際にお話をする今の今まで私にとって本当に怪しい集団であった。
他のユーザーに至っては今この瞬間もモヤモヤっとしているのではないだろうか。
「運営に関する信用は、あくまで運営で!」と、いうことだそうなので
今回のリニューアルが成功し、運営とユーザーの間に良い信頼関係が生まれることに期待したい。



fgは一体これからどうなるの?

現状として

プログラムの見直しと修正を続ける中で、
「サイトそのものをそっくり造り直した方が安全である」という決断が下され、
2011年12月17日に、「サーバー移管に伴うサイトリニューアル」(fg/cgの改善につきまして
が、発表されることとなった。
その決断時期が的確だったか否かは、皆の評価に委ねる。
私はプログラマーの類ではないのでわからなかったが、全部作り直すしかないと決断するのは
やはり勇気のいることだったのだろう 。

新運営から発表、今日に至るまで、
既にサーバーから溢れかけていた登録会員数はさらに1万人以上増加し、
ユーザーアクセス数も比例して増加。サーバーはその許容量を遥かにオーバーした。
また、セキュリティの脆弱性についても明白にせざるを得ない状況となる。
(この対談は2月23日の夜7時から9時まで行われた。
 【重要なお知らせ】サイトへの不正アクセスについてが、
 fg運営よりまとめられ発表されるおよそ30分前の出来事)

より快適に、より堅牢に、より細かな改善を行う為の新サーバー・新サイトへの移管であるが、
それまでの準備期間の3ヶ月間が最悪に苦しい状況となってしまった。


厳しく言えば、移行中だから準備中だからとしても、サイト運営を担う責任者として
どんな時期でも問題が起こってはならない。しかし、問題は各処に発生してしまった。
運営側としても悔しいところではあるが、それはもうサイトリニューアルとその後の運営によって
名誉を挽回して頂くほかないのだろう。


新サイトとして

様々な波乱を含みつつも、fgは新fgとして3月17日にリニューアルされる。
大まかには、「より快適に、より堅牢に、より細やかに」だ。
八十八氏の新仕様説明を受けて、そのように感じた。

細かい仕様変更については、運営チームが現在公開している
「fg/cgのリニューアルにつきまして」をそれぞれ確認して頂いた方が的確だと思うが、
これまでのfgユーザーが迷わない様に現状のデザイン構成を周到しつつも、
ボタン等を多機能化させ、より写真が映えるシンプルかつSNSとしてのボリュームも感じられる
構成に刷新するようだ。

評価点☆については、また身内の中でも「ややこしくなった」という意見が多かったが、
ツイッターの#fgtweetやフェイスブックのいいね!ボタンといった他SNSとは異なる
あくまでfg内で共有する統一評価基準(言い過ぎか?)として導入したいということだ。

そして、fgそのものの収益構造の健全化と、☆運用動向のモニタリングが済み次第、
より「評価=価値」としての意味付けを成す様に、評価点☆を導いていきたいという腹積もりの様だ。
具体的な話は「まだ、本当にそんなことできるのかなぁ~?」という感じもあったので割愛したいが、
「☆は、気軽に投じれるものでありつつも、fgにおいて今まで以上に存在感のあるものにしたい。」
というお話だった。


皆が気になる課金制度導入によるサービスの差別化については、
まず、無課金でも普通に使って頂けることが前提となっていたので一先ず安心した。

特に原型師・モデラー等、造る人が存在してこそのfgなので、
造り手としてのfgユーザーについては心配無用だと思う。
代わって、☆を投じたり、ファンコミュニティを開設したり等、
主に鑑賞と交流を目的とした、fgユーザーについては、その使用頻度において
有料化させた方がよりfgを活用しやすい環境になるという具合だろう。
ROM専(「見る専」「読む専」 )のfgユーザーなら無料のままでも良いだろうが、
そこから一歩踏み出して何か「参加したくなる仕掛け」をfgの【SNSな場】として
提供して行きたいという意気込みだった。

まぁ、「課金はなくてもいいし、してればちょっと嬉しい。」
その辺りを狙っていくことになるだろう。


主観ではあるが、ソーシャルゲームは特定ユーザーの競争心を煽るシステム作りで
大きく収益構造を構築していくが、SNSは無課金ユーザーと課金ユーザーをバランス良く組み、
共栄させることで全体会員数を拡大させ、収益構造を強化していく必要がある。
まず双方のユーザーに不満を抱かせないことに尽力しなければならないのは、
誰もが感じていることなのではないだろうか。
あまり課金による差別化については神経質にならなくて良いだろう。

私としては、とりあえず課金して「山川群青育成計画」コミュニティを立ち上げ、
お騒がせ広報山川クンにいつでも笑顔で飛び蹴りを食らわせられる環境を整えようかな~と、
勝手に妄想している(*´∀`*)


新しい表現の場として

fgはあくまでウェブサイトであるが、グッ鉄カフェにて展示されている
「fgショーケース」などウェブサイトを起点にしつつも、ウェブサイトに留まらない活動についても
新fg運営は意欲的だった。

そもそも「fgショーケース」は、当日版権システムと同様に特定の版元に
展示許可の審査を受けて展示されている。言うなれば、当日版権システムの外部持ち出しである。
展示のみという制約はありつつも、それはもはや当日にのみ効力を持っていた
既存のアマチュア版権システムのそれではなく、
新しいこれからのアマチュア版権制度の在り方の模索と実践の場となっているのだ。

ワンダーフェスティバルによって、当日に限り誰もが公認されたメーカーとして活動できる場を
私たちは得たわけだが、

→<訂正2011年3月7日>ワンダーフェスティバルによって、当日に限り版元の厚意において
ワンフェス会場内でのガレージキットの展示・販売を行う機会を得たわけだが、
ついに造形作家として作品を披露できる場を、秋葉原のセンターにて
得られたというのはfg運営チームがあげた大きな成果だろう。

fgが強い法人となり、版元とユーザーの仲介役としても機能し、ウェブサイトに留まらない
新しい表現の場を開拓していく存在となるのならば、私はとても嬉しい。



まとめ

ツイッターを眺めていると多くのフォロワーが「fg大丈夫か?」と心配している。
恐らく匿名掲示板ではもっと辛辣にfgに対する疑念や非難が掲示されているのだろう。
私自身、まだ不安なことは多い。

ただそれでも、新運営の元、閉鎖寸前だった2011年を乗り越えてfgは今も存在している。
リニューアルの3月17日を経て、本当に「刷新」が成し遂げられるかも成ってみないとわからない。
しかし、「より良くしよう」と、ベクトルがしっかりと前を向いていることを私は評価している。

「余計なことはせずただアクセスが早くさえなればそれでいい」なんていう意見はあまりにも虚しい。
創造し改造し愛着する、造形物の愛好家が言うような意見ではない。いかがだろうか?

私にとってはワンダーフェスティバルが在って、fgにイベントレポートを投稿し、
皆様からの暖かいコメントを得ることができたからこそ、今日の充実した毎日がある。
そんな、自分の原点であるfgなので応援しないわけにはいかないのだ。


SNSというのは、「成功」の定義が難しい。
登録会員数が多いから成功なのだろうか?
運営の懐にお金がたくさん入ることが成功なのだろうか?
会員にとって快適な環境でさえあれば、未来永劫存続できるものなのだろうか?

大きく繁栄したかと思えばあっという間に没落していくSNSも多い。
複雑に絡み合うサイト同士のポジションによって、日々存在価値が変化する。
そんな荒波の中で、fgという造形物愛好家が乗り込む一船が、
これからどんな航海をするのか私は楽しみである。

私も、おそらくこのブログを読んで下さった皆さんもfgの乗組員である。
まずは3月17日。新運営チームとワクワクする旅を一緒にしよう。




--------ここまでステマ--------

なんてね。

そんな風に思われるのかなぁとも思いつつ、
私は彼らをとことん応援しようと決めた。
スポンサーサイト

« ぺけの玩具箱。さんと対談してきました!|Top| ワンダーフェスティバル2012[冬]に行ってきました! »

コメント

興味深く拝読しましたが、pixivが絵を描く人のためのサイトであるのと同じようにfgはあくまで実際に模型を作っているモデラーたちのためのサイトであると私は思っています。
私自身fgには開設当初から投稿し応援してきた一人ですから新運営に頑張ってほしいのは勿論ですが、現時点でわかるリニューアル後のfgにモデラーの目線が欠落して見えるのもまた事実。
ROMは意見するな、とは言いませんが、実際に手を動かしている人の気持ちを代弁できる資格など持ち得ないのだということを念頭に置かれるべきでは。

確かに大勢の自分で手を動かすモデラーが主役であり尊重されるべきだもんなぁ。
他人の作品に乗ってるだけのカメコが何言っても説得力無さすぎ…さすがにコレは無い…

二三度読みましたが、fgトップ・運営ブログに記載されていたリニューアルについての公式説明と、具体的内容に大差が無いように感じます。
日記のタイトルが「意見交換会」となっていますが、yuuさん方からはどのような意見を提示し、それに対してfg運営サイドからどのような回答がされたのでしょうか?

yuuさん自身がfgに思い入れのある方であるということはよく分かりました。

Twitterから様>

コメントありがとうございます。

>fgはあくまで実際に模型を作っているモデラーたちのためのサイトであると私は思っています。

残念ながら、fgはモデラーであってもモデラーでなくてもフィギュア・模型・造形物が好きな方
みんなのサイトであると私は考えております。

ガレージキットを組んだ経験は少ないなりにありますが、私は生粋のモデラーではないので
確かに「実際に手を動かしている人の気持ちを代弁できる資格」はおっしゃる通りないと思います。
しかし、そもそも実際に手を動かしている人の気持ちを代弁したつもりの記事ではありません。

Twitterから様の視点とは異なるユーザー視点の意見であることにつきましては、
恐れ入りますがどうかご容赦下さいませ。

また、Twitterから様のおっしゃる「モデラーの目線」としての運営に対する具体的なご意見について
コメント頂けましたら幸いです。もし宜しければお願い致します。

名無しさん@ニュース2ちゃん #f1259Mzw 様>

コメントありがとうございます。

>自分で手を動かすモデラーが主役であり尊重されるべき
おっしゃる通りだと思います。
ぜひ皆様がどのようにお考えか具体的に意見を伺いたいものです。

>他人の作品に乗ってるだけのカメコが何言っても説得力無さすぎ…さすがにコレは無い…
まぁ、うすらあほのバカなさえずりだと思ってスルーして頂ければ良いと思います。
宜しくお願い致します。

Twitterより様>

コメントありがとうございます。
運営からは、現在発表されている
http://www.fg-site.net/users/mypage/
http://www.cromea.co.jp/info/fg_cg_renewal.pdf
の内容を先行して紹介して頂きました。
運営より先行して私が発表するのは、万が一変更などがなされた際に
運営と皆様のご期待に双方に対してご迷惑をおかけすると判断し控えさせて頂きました。
当たり障りのない紹介に留めたことどうかご理解頂ければと思います。

私からは事前にこのような意見交換会に向けた資料を運営に提出しました。
http://blog-imgs-50.fc2.com/g/a/r/garagerunner/20120307200930cdd.png
参考意見については私の自選ですので、大いに不公平なものではありますが、
自分だけの独りよがりな意見を伝えてもfgユーザー全体の貢献にならないと思いましたので
意見を個別に収集した上で意見交換会に臨みました。
皆様のおっしゃる通りモデラーではない私のアイデアはたかがしれていますが、
「作品の発表」と「作品を通じたコミュニケーション」二つの基軸で楽しめるサイトになれば
良いなと思っております。

以上、簡単ではありますが回答とさせて頂きます。

長文、お疲れ様です。
興味深く拝見しました。
私がfgを知ってちょうど2年になります。
この2年で、私がfgから得た物は非常に大きいものがありました。
今まで一人の趣味だった模型制作が、自身が投稿した作品を通じて双方向に意見出来る様になったこと。
人の作品を拝見して、また評価、コメントすることで自分自身また相手のモチベーションを向上できること。
今まで門外漢だったジャンルの作品を拝見することで、新たな興味が湧いてくること(私の場合だと、フィギュアの撮影作品、ペーパークラフト、yuuさんをはじめとするイベントレポート等)。
私自身、今までのfgのシステムに大きな不満があった訳でもなく、2011年が、危機的状況であった事も知りませんでした。
リニューアル後のfgが、どういう形になるのか興味は尽きませんが、より多くの人が(様々なジャンルから)快適に使える様にしていただければ、と思います。
リニューアル、楽しみにしています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://garagerunner.blog121.fc2.com/tb.php/61-9d5f19b8

Top

HOME

yuu

Author:yuu
ガレージキットのイベントに出没しては写真を撮ってます。
取材は足で、直に聴く!をモットーにレポートを書きます。
まだ2010年のワンフェス冬が初イベント参加のピヨピヨですが
どうぞ宜しくお願い致します。 

ツイッターしてます。yuu_T556です。
E-mail dekodekoodeko(アットマーク)msn.com

[ジャンルランキング]
サブカル
518位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガレージキット
11位
アクセスランキングを見る>>

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。