ガレージランナー

ガレージキットをテーマにツイッターじゃ文字数足りないことをあれこれ書く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レプリカントEX Vol.2を読んで

ガーっと書きたい気持ちになったので、とにかく文字をひねりだしてみたいと思います。

ここんとこというか、もうブログの更新頻度を見ても明らかな
自分の興味アンテナの低さが痛々しい今日この頃です。
が、私用で東京と名古屋を新幹線で移動する間がてらに買った
レプリカントEX(増刊号)のおかげで書きたいアンテナがメキメキ高まってきました。
(…それにしても本屋に寄るのも面倒とか、最近の自分はどれだけモノグサなのだろう。)

本体の「レプリカント」の方針転換によって、
縁故のそしてもうマイノリティなのだと自覚せざるを得ないガレージキットファンは、
以前私が過去記事でめったくそに書いたように残念だなぁ…これも時代かなぁ…
とページをめくるたびになんだかションボリしてしまうようになりましたが、
その落差を予め汲んでいたかのようにレプリカントEXでは
ガレージキットファンそして原型を嗜む方が「おぉ!」と思う内容が盛りだくさんでした。

とりあえずザックリと気になった章ごとに自分の感想を書きたいと思います。


1.美少女フィギュアの造り方

前回のレプリカントEX Vol.1で、とても参考になった
ボークス×∀-brandさん解説の原型制作と塗装のハウトゥーページです。
原型は自分はまともにできないのでザックリ知る楽しみとして読むのですが、
塗装編では今回秘密兵器(?)としてDVDによる動画解説がつき
もうそっちのボリュームが凄くて…ごちそうさまでした(*´∀`*)

それこそレプリカントを読みながら、試行錯誤しながら、我流でガレージキットは組めるのですが、
動画になったものを見ると、今まで写真と写真、点と点に解説がつき、そこを自分なりに手を動かして
マネしてみたのが、点と点が結ばれる部分に解説が入る為、改めて手の動かし方そのものが明らかになります。
不器用な自分としてはヤスリを切るサイズやヤスリをかける手の動かし方だけでも発見することが多いんですよね。
以前、幸平さんの写真を撮る様子を見て驚いたことや、原八さんの模型塾の授業を見て驚いたことが
思い出されるのですが、本当に技術というものは、文字より写真。写真より動画。動画より実演。と、
現場に近づく程に学べることがあるというものです。
少しDVDによって雑誌のお値段は上がりましたが、それに見合うバリューがあったと思いました。
解説を担当された狩人さんもよく随所随所にポイントを絞って解説できるなぁと思いました。
何が解説するポイントなのかに気付けるのって、制作に慣れれば慣れる程とっても難しいですよね。


2.原型師に聞く―原型師の思考

BUBBAさんの記事が面白かったです!特別原型師になりたいわけではない。だけど原型師さん初め
クリエイターさんの精神世界には何かと興味がある自分なのでBUBBAさんの記事はまさに「原型師の思考」
というタイトルにふさわしい内容でとても面白かったです。

とにかく印象的なのは、技術的にどうクリアしていくかというハウトゥーではなく、
制作する過程において、どこに着目するか。何を見るか。どう見るか。ひたすら「見る」ことから
制作が一つずつ地道に進んでいくのがよく分かって面白かったです。

記事を読んでいくと「あぁ、技術を突き詰めると原型師さんの「腕」を決めるのは、腕ではなく目なんだ…。」と、
思い知らされます。今回の話でいけば、ミクらしさは何なのか、破綻のない人体構造とは何なのか、
静物であるフィギュアにどうすれば動きをだせるのか、どこに着目すれば不自然さ違和感を解消できるか、
フィギュアとして美しい納まりとは何か…等、もう何だか宮本武蔵じゃないですが
見るとは何かという、ある種の哲学や精神世界を垣間見れました。

どんな状態からでも直していける、直した上で再確認し、時には直す前の方が良かった…と気付いて
また戻すというのも、確かな技術がなければ実行不可能でそんな行ったり来たりが原型初心者には
かなり無理な話だとは思うのですが、習得した技術をどう活かしていくか、伸ばしていくかというところで
「見る力」を養うのはぜひ「造る力」の次に、原型師さんの修行項目に加えて欲しいなと思います。

私はチャプター4の段階でもう「あぁ、めっちゃカワイイ。もうめっちゃカワイイやん!」って
思ってしまいました。見る力、こだわる力がきっと低いんでしょうねorz
自分ももっと作品を「見る力」を養っていければと思います。


3.メーカーに聞く―塗装済み完成品ができるまで

石長さんの記事が面白かったです!これまでの記事が造り方のハウトゥーに、
原型師という個の活動だったところからさらに広がって、メーカーとしてどう協働していくかがテーマで、
まさに商業としての原型を感じることができました。

もうそりゃぁ「初心者はまずファンドが安くていいよ。慣れたらパテなんかもいいんじゃない?」
プロ=パテというイメージが妙に自分の中にはあったところに、ドーーーンとファンドの原型が
拝めたのも、もうそれはそれはサプライズな感じがしましたが、

redjuiceさんのイラストや設定を一つ一つ確認し、時に質問もして正確に
キャラクターが何をもってキャラクターとして成り立っているのかをなぞっていくのは、
ファンで好きだから、人気があって売れそうだから、似せるのはまた違う、
版権物を扱う者の責任を感じることができました。

またさらに監修指示を通じて修正していく部分でも、指示をどう理解するのかだけでなく、
指示を受けるまでにまずどこまで造り込むのか、全身・アップを混じえてどのような写真を撮っておくのかなど、
どうすれば的確な指示を貰いにいけるのかを考えながら造っていくところは、
プロの仕事としてとても興味深かったです。

1.フィギュアとしてカタチを整えていける技術 が、まずあって、
2.本当に自分が造りたいものを造れる目 を養って、
3.多くの人と協働でメディアの輪を広げるコミュニケーション力 を発揮して、
ようやく日本のフィギュアを牽引できる人になれるのだと思いました。

なんて果てしない道のりなんでしょう…。
1→2→3という流れは本誌を読まなくたってわからなくもない話ではありますが、
今回のレプリカントEXにはそんな今日の原型師の果てなき道のりが
明瞭に記されていてとても勉強になりました。


4.レプリカントワークショップ

気になる記事は、読み手の興味によって様々だと思いますが、
最後に私はレプリカントワークショップの記事が読んでいてとても面白かったです。
語弊を恐れずざっくり内容をまとめますと、
「商業原型が凄いものばかりで買う人にとって組む手間もかからないから、
 ガレージキットで儲かろうというのはもう難しいと思うよ。
 儲からんけどそれでも造りたいものがある数寄な人はこれからも原型制作頑張れ!」
という感じの内容でした。

確かに、メーカーからでる作品はたまにネタにされちゃう不憫な子もいますが、
もうだいたいどこがだしてもハズレない商品がでるようになりました。
作品としてアタリかは売ってみないとわからないけど、絶対ハズレはしない。
そんな作品が多いというよりも当たり前になっていると思います。

また、人気のあるガレージキットは結構な確率で商業原型化されるんですよね。
後半のカタログコーナーをパラパラめくっていると、山猫亭さんの憂がSEGAプライズ化されてて
「おぉっとーーー!憂も塗装済み完成品になっとるがや~!!」と、思わず名古屋弁で驚きました。
アイマスのシリーズはまぁ製品化になるんだろうなと思いつつ、
それでも自分はガレージキットとして真を買って組んだものですが、ガレージキットが組めない人でも
イベント会場に並ぶマスターピース的なものは、完成品塗装品としてなんだかんだと手に入れることが
可能なのではないかと思います。それも結構な数であるのではないかと思います。

じゃぁこれからガレージキットが廃れていくのかといえば、それはNOだと思うんですよね。
自分が見ている世界は本当に氷山の一角だと思っていますが、ツイッターの中などでみかける
原型師さんは、大御所もルーキーもみんな原型制作がなんだかんだでもうとにかく大好きで
造らずにはいられない人ばかりなんですよね。
儲かるに越したことはないですが、儲かるから造ってるという程度のモチベーションでは
とても原型師は続けられないと思うのです。造ることそのものが好きで活動できなくては
あんな根気のある作業続けられないと思います。

造り手は良しとしても、残念ながら買い手がこれからどうなるかはわかりません。
造っても儲からないのであれば確かに商業原型も携わられる原型師さんは
アマチュア版権制度による原型に対するモチベーションは上がらないと思います。
より商業原型業界における質・量の充実が加速していくことでしょう。

「儲からんけどそれでも造りたいものがある数寄な人はこれからも原型制作頑張れ!」な通り、
ガレージキットはミニマムなものになっていくのかもしれません。
もしかしたら数寄な人がどんどんどんどん増加して規模を広げていくのかもしれません。
また、ルーキーがとにもかくにも原型を造ってみて、お披露目できる場はやはりまずイベント会場なので、
登竜門的な立ち位置としてガレージキットはこれからも存在し続けることでしょう。
でも、トライアウトなども盛り上がっているのでお披露目する場の選択肢もこれから多様化していくことでしょう。

ガレージキットという存在がこれから拡大するのか縮小するのかは、
購入者、ひいては購入して実際に組み上げる人たちの熱量によって変わっていくのかもしれませんが、
フィギュアを欲しいと思う人はこれからますます多くなると私は考えています。
塗装済み完成品でもガレージキットでも、必要なのは原型師という存在なので、
あさのまさひこ氏がそこはかとなく文面から醸し出す危機感を私はそれ程までには感じていません。
立場においてワンダーフェスティバルの中の人じゃないからという点もあるからだと思いますが、
需要と供給の成すがまま、自然と在るべきところに向かって進んでいるんだと思います。

もちろん、ガレージキット…というか、レジンがもつ凛とした質感、
ついちょっと面倒臭いが先行する大変ものぐさな自分ですが、キットを組むところの充実感は
ガレージキットならではの愛おしさなので、その部分はこれからもそれこそレプリカントなどの情報誌や
原型師さんのアイデアでもっともっと発信して頂ければと思いますし、
自分自身がもっと伝えることができればいいのになぁと思うところであります。



さて、そんな感じで今回のレプリカントEXは、原型や塗装のハウトゥーとして、
原型師という思考や仕事を知るものとして、ガレージキットにおける環境を考えるものとして、
作品紹介や、もっと初心者向け制作講座、オリジナル原型のススメ、オススメツール、
などなど内容盛りだくさんで実際にガレージキットを造る人も造らない人も、
フィギュアが好きなら絶対に楽しめる一冊に仕上がっていたと思います。

深夜の変なテンションで一気に書きたい放題に書きましたが、
買った皆さんには、改めてもっと読んでみるきっかけに、
買ってない皆さんには、購入してみるきっかけになれば良いなと思います。
私の懐には一銭も入りませんがw


自分ももっと面白い読みがいのある記事が書けるようになれればいいなと
本誌を読んで、この記事を書いて思いました。頑張りたいと思います。
よいきっかけがあればぜひ下さい(*´∀`*)プリーズ


【お知らせ】ワンフェスにて、むーぶ式「猫の事務所チルノ」が展示されます!

ワンフェスがもう間近に迫っています!
皆様仕度は整いましたか?

おしらせです!

猫の事務所 ゆきうささん作の
「チルノ」 (上海アリス幻樂団 )守姫武士(GREEN GARDEN)さまイラスト原案
の、再販が決定致しました!
とらbrindle (8-16-14)さんにて希少数個ですが販売されますので、
購入機会を逃した方はどうぞこのチャンスを手にして下さいませ。

そして、今回のチルノ再販に関して
私の所有するむーぶさん塗装のチルノが作品見本として展示されることとなりました!!
ぜひ!写真を撮ってやって下さい><

これまでに私が撮ったチルノ写真幾つか…
というか10枚。私のは似たようなアングルばっかりですいません(-_-;)

19_garden 025

02_DSC06588.jpg

07_DSC06640.jpg

06_DSC06636.jpg

01_DSC06602.jpg

fg01_DSC09167.jpg

fg02_DSC09184.jpg

fg03_DSC09179.jpg

fg07_DSC09169.jpg

fg09_DSC09180.jpg


先日の撮影勉強会記事でもご紹介した幸平さん撮影の美しいチルノ
こっちをぜひ見て下さい。


ゆきうささんからメッセージを頂きまして、今回の展示が決定致しました。
幸平さんの写真アップからゆきうささん宛てに問い合わせがあり、
チルノに関してはなんとか数個在庫があったため今回の販売が決まったようです。
(あったから良かったよね。なきゃどうやってもだせないもんね。)

幸平さんはただ撮っただけとおっしゃっていましたが、
幸平さんの写真は、多くの人の心を動かしました。

塗装を請けてくださったむーぶさんからも、
「サンプル展示の作例として置いてもらえるというのは最高の名誉」
と、展示についてご快諾と喜びの声をいただけました。
むーぶさんの新作見本作品は、青銅CIRCUS(5-10-15)さんでもご覧いただけます。


本当に私のワガママに付き合ってくださり、ありがとうございます。


いやぁ、私はホント、ただ「持ってるだけ」という立場なのですが、
自分がガレージキットを知って感動した、リレーワークが一つ実を結んだようで
今回のオファーにはとても感動しております。

守姫武士氏の原案イラストに、ゆきうささんの原型があって、むーぶさんの仕上げがあって、
幸平さんの写真があって、もちろん神主様の原作があって…

一つの作品に対してこれだけのアーティストが関われるなんて本当に素晴らしいことだと思います。
この中の誰か一人が変わっても作品の方向性や表現が変わっていくのだと思います。

「まず、始めに自分がなぜガレージキットが好きなのか?
 それは自分にとってガレージキットがアートだからです。」


これは昔、自分が適当に作ったウェブサイトでまずはじめに書いたことですが、
アートの面白いところは、作品の善し悪しはもちろんのこと、
誰が造ったのか、そのアーティストはどんな人生を歩んだのか、
誰の手に渡ったのか、渡り歩いていったのか、誰に影響を与えたのか、
作品からどのようなムーブメントが起きたのか…

様々な「歴史」がその作品に詰まっていることが、
より一層アートをアートとたらしめる魅力なのだと思います。

ガレージキットは、積んで終わりじゃない、飾って終わりじゃない…
もっとたくさんのアプローチがあると信じていました。
ガレージキットにできることをもっともっと知りたくて
むーぶさんに仕立てをお願いしたり、幸平さんにどさくさにまぎれて撮影を依頼したりw
自分でもキズがつくことも覚悟の上で屋外撮影を試みてみたり、
チルノについてはかなり色々とやんちゃをしました。

また、自分自身でガレージキットを組みました。
結局カタチにすらなりませんが原型にも挑戦しました。
そしてこのブログを通して、取材を行い、考察を行い…。
自分にできることは本当に些細なことばかりでしたが、
ガレージキットをもっと知りたい、好きになりたいと思って突っ走ってきました。

そして、今回のワンフェスで
WF2010夏(初販は2010冬)に
ゆきうささんから購入した真っ白なチルノが、
むーぶさんの手によって命を吹き込まれ、
幸平さんの手によって輝きを放ち、
もう一度、展示見本として皆様の目に触れる機会を与えられる。

こんな嬉しいことはありません。

自分の所有するガレージキットが、
人から人へと紡がれて、「歴史」を詰めて皆様の前に凱旋を果たす。
なんちゃってかもしれませんが、フィギュアがアートとなる過程に
立ち会えたような気がします。

そんな訳で、何かと思い入れある私のチルノがワンフェス会場にて展示されます。
私のって言っていいのか微妙ですが、
イベントが終わってまたいつもの棚に帰って来たときには
「おかえりなさい」と、彼女をねぎらってあげたいと思います。

どうか皆様宜しくお願い申し上げます!
ぜひ、見てあげて下さい^^


ワンダーフェスティバルに行こう!

前回の記事は、主にフィギュアレビューブログの管理人様にご好評頂けたようです。
多くのツイート拡散、誠にありがとうございました。クチコミ効果は絶大ですね。

毎度、原型師さんやブログ管理人さん、フィニッシャーさん等、
思いっきりヘビーユーザー層受けがいい当ブログですが、
今回は「7月24日(日)の予定がまだないフィギュアが割と好きな人」
のための記事を書きたいと思います。お気軽記事^^

改めて、フィギュアの「沼」にはまだいないそこの友達にも届くよう(笑)
ツイッターの記事拡散をぜひお願い致します<(_ _)> 


ズバリ、「ワンダーフェスティバルに行こう!」の巻です。

blog02_DSC00478.jpg
WF2010[冬]の様子。会場全体の雰囲気を撮った写真が冬のものしかありませんでした。

はじめてのワンダーフェスティバル2011[夏]基礎知識

1.ワンダーフェスティバルは国内最大級のフィギュアの即売会です。
2.日時は、2011年7月24日(日)、10:00~17:00
3.場所は、「幕張メッセ」 国際展示場1~8ホールで開催されます。最寄駅は海浜幕張駅。
4.入場料はカタログ代として2000円です。会場の入口でも販売されています。
5.フィギュアを買えたり、メーカーの新商品をチェックできたり、トークショーが見れたりします。
6.コスプレイヤーさんも多く集まるイベントです。


と、めちゃくちゃザックリ書きましたが、
とにかくワンフェスはフィギュア好きのためのお祭です。

もっとそこじゃないだろ!ワンフェスってのはゼネプロがはじめたガレージキットの…etc
ってツッコミも多いとは思いますが、まずはじめに認識することとしては、
24日になんかフィギュアのでかい祭がある!!
ってことだけで十分だと思います。


会場にはたくさんの机が並んでいます。
机に立っている人が自ら手作りしたフィギュアを売る卓と、
あらゆる場所から集めてきた中古フィギュアを売る卓と、
装飾華やかな企業ブースの3つが主な構成です。

あと、外で(灼熱!!)コスプレイヤーさんが撮影会をしています。
ワンフェスは長モノ装備のコスプレがOKという数少ないイベントだから
けっこう気合が入ってるのです。

blog01_DSC00477.jpg
WF2010[冬]より

ガレージキットをみて回ろう

初めてワンフェスに参加すると、まず企業ブースに目が行きます。
企業ブースは秋・冬の新商品のテスト版をお披露目していたり、
商品版元の声優さんがトークショーをしていたり、面白いスポット満載です。


ですが、ワンフェスの主役はやはり
机に立っている人が自ら手作りしたフィギュアを売る卓にあります。
ガレージキットと言われている作品です。

今日の日のために一生懸命造ったフィギュアがところ狭しと並んでいます。
商業ブースでも活躍される人気原型師さんが自ら販売する作品や、
荒削りでもはちきれんばかりの才能が詰まった作品や、
玩具屋さんでも手に入らないような珍品など、
個性あふれる作品が並んでいます。

しかも、このワンフェスの日、一日しか販売・展示されないアイテムがほとんどなのです。

それは「当日版権」という制度があるわけですが、この制度はややこしいので説明省略。
ただ、言えることとして、どんな意欲作も、ネタ作品も、この会場で販売されているものは
みんな版元(出版社さんやゲーム会社さん、同人作家さんなど)の正式な認可を受けて
販売されているものだということです。『正規品』です。

ただ、ほとんどのものが自ら組立てと塗装をしなければならない商品ばかりなので、
フィギュアが好きな人にはせっかく買っても飾れないという問題があります。

模型造りが好きな人のための商品であるという認識が必要です。
それでもCDをジャケット買いする人が今もいるように、
組めなくてもガレージキットを買う人はたくさんいますし、
お金があれば代行製作なんかで組んでもらうこともできます。

もし、会場で気に入ったアイテムがあれば、買えるのは人生その日限りかもしれません
ぜひ一度買ってみてください。買ってしまえばあとはどうとでもなります。フフフ…(ΦωΦ)

今回は、コスプレアイテムや劇中に登場する小物なんかも多いので、
そんなものもをお目当てに物色してみてもいいかもしれませんね^^
もちろん怪獣や戦車、ぬいぐるみなんかもありますよ!


カメラを持っていこう

そして、またワンフェスでは「カメラ小僧」が多いです。私もかくいうその一人。
企業ブースはもちろん、個人ディーラーの卓にそれぞれ「完成見本」というものがあります。
完成見本は、やはり商品を確実に売るためのマストアイテムになるので、綺麗なものが多いです。
完成見本見たさにワンフェスに訪れる方もかなり多いのです。

ぜひ、会場に行く際にはカメラを持っていきましょう。
ズームのできる一眼レフがやはり良いですが、コンパクトデジタルカメラでも大丈夫です。
スマートフォンや携帯のカメラでも撮れないことはないですが、
かなり完成見本にレンズを近づけないと綺麗に撮れないので注意が必要です。

壊れやすい完成見本に触れることはタブーなので、なるべくコンデジで撮ることが一つマナーかなと思います。
特に携帯はストラップなどがぶら下がって作品に触れてしまうことがあるので注意です!
また、一眼レフも三脚など通行の妨げになるものを携えて撮影するのはマナー違反です。
多くの人が完成見本を一目見たいと押し寄せるので、撮影マナーにご配慮下さい。
私も、作品の目の前で綺麗に撮れていたか画像チェックしないように気を付けます(反省)



たくさん買って、たくさん見て、たくさん撮って、たくさん話をして、たくさん楽しんでもらえればと思います。


熱中症対策をお忘れなく!

最後に注意。
イベント会場はとても暑いので熱中症対策は十分に行なってください。
飲料水はもちろん、汗を拭うタオルや、冷えピタ、アイスノンなど、
登山に行くくらいの装備で行かないと冗談でなく救急車を呼ぶことになります。
折りたたみの日傘なんてあったら、男であろうと買っておいて損はないかも。

9時頃などに会場へ行くと炎天下の中ひたすら入場できるまで並ぶことになります。
開場して1時間経ってもまだ外なのではないでしょうか…?(並んだことないからわからない)
見るだけなら13時頃の開場入りで十分です。
欲しいものを買うなら始発で来るか…
いや、今年からはダイレクトパスの先行販売が施行されたのでもういつ並んでも買えないかも(´・ω・`)
まずは雰囲気を味わいに来てくださいませ。

あと、特に遠方からいらっしゃる方は無理のないスケジュールを立てて下さい。
会場内、暑くて広いので寝不足や空腹だと本当に体力が切れますよ。

万全の体調と装備でぜひ一度、会場に足を運んで見てください。

フィギュアのことがもっと好きになりますよ。



今年オススメのワンダーフェスティバル2011[夏]
非公式ディーラーリンク集
海洋丼

原型師さんのブログ更新情報をチェックするならこちらがオススメ
ABC-labo.com


どんなディーラーさんのところを見るのがオススメか…
それは会場に行ってみてのお楽しみです。
まずは作品とその作品のディーラー名をメモするところから始めるのがいいかと思います。
私はfgというサイトにひたすら撮ってきたものをアップする過程で気に入ったディーラー名を覚えました。

勇気があればちょっと卓にいる人に話かけてみるのもいいですよん。

それでは幕張でお会いしましょう♪

フィギュア写真の「アプローチ」について(各ウェブサイトを参考に)


6月24日追記

本記事に関して、ご指摘を3点頂きました。
この度は、不快な記事を記したこと心よりお詫び申し上げます。

ご指摘に沿って記事を編集するのは簡単ですが、
それでは私の誤解やご指摘頂いた部分が何であったのか
うやむやになってしまうので、ここに追記という形で示したいと思います。

1.絞りに関して
 各サイトの絞り傾向について分類致しましたが、その分類が誤っているとご指摘を頂きました。
 明確な検証をせず誤った分類をしたことをお詫び申し上げます。

2.「販促写真」との表記について
 販促目的に撮っているわけではないのでは?と、いうご指摘を頂きました。
 純粋な写真作品としてのアプローチが先ずあって今日の活動までに到っているにも関わらず、
 優れた写真を通じて作品の評価が大きく上昇しているという私の私的な見方から
 販促という安易な表記を選んでしまいました。大変申し訳ありません。
 
3.本稿の内容と引用したサイトについて
 「スペック」を撮るか「世界観」を撮るか、という二つのアプローチからそれぞれ
 突出した良い写真を撮られるサイトを紹介させて頂きましたが、
 各サイトそれぞれに、撮影者の想いと紹介が一致していないのではないかという
 ご指摘を頂きました。

 この点に関しては、まず「スペック」を撮るか「世界観」を撮るかという二つのアプローチが在る。
 少なくとも、yuuの中には在るということはどうかご理解頂ければと思います。
 
 各サイトの撮影者がどのような目的で撮られているかに関しては、
 ご指摘頂いた通り、撮影者自身の想いによりますので、私の紹介した内容が
 例として一致するものではありません。大変申し訳ございません。

どのような記事を書いたのかという点については、下記本文を読んで頂ければと思います。
主観甚だしいのはご指摘の通りですが、自分が感じて書いた原稿ですので、
無責任に削除することも、改変することは相手にも自分にも良くないと思いました。

今後より一層、取材や文献の引用等を通じて
客観的で公正な記事を書くよう努めて参りたいと思います。
改めて、本記事に関して大変ご迷惑をおかけしました。


----------------------------------------------

新生活なんとかいけそうだと手応えを感じつつある今日この頃です。
職場復帰ももう面談の内容次第でいつ再開するかというところです。
ゴールしたというか、やっとリ・スタートできた…そんな心境です。



さてさて、前回の「浮き輪プレネールさん」楽しんで頂けたでしょうか?
今日は、フィギュアの写真についてあれこれコラム的なことを書きたいと思います。

写真の撮り方については、雰囲気ではわかっているつもりでも、
実践できているかどうかはもう自分の撮ったものを見れば一目瞭然なので
あまり書かない書けないと思っていますが、どんな写真の撮り方があるのだろうか、
アプローチとしての写真をいくつか有名な写真サイトや作品を紹介しながら
皆さんの撮影や鑑賞のお役に立てる原稿にしたいと思います。


まず、そもそもどうしてこのような記事を書こうと思ったと言えば、
やはり日頃アクセスしているmaterial SNS fg のウィークリーランキングにて、
「フィギュアの綺麗な撮り方 その2」という作品が1位を撮ったからでしょう。



また、最近発売されたフォトライトボックス「フォトラ」が、
模型雑誌での紹介等を通じて、モデラーさん、原型師さんから
好評を博しているからです。

特別な写真家が撮った、綺麗な写真の作品を見たいというよりは、
自分の撮影で気軽にもう少しマシな写真を撮りたい!
と、いうのが最近のフィギュアフォトを巡るニーズのようです。



本題に入っていきましょう。
では、「どんな写真が良い写真なのか?」
まずここからつまずく人が多かれ少なかれいると思うのです。
そして私がわざわざブログに書けるのもこの問いについてが精一杯であります^^;

模型雑誌や販促ポスターに掲載されるような写真が良い写真なのでしょうか?
ワンホビフォトコンテストで入選するような写真が良い写真なのでしょうか?


様々なカテゴライズはあるかと思いますが、私は大きくこの二つのアプローチで写真を見ています。
前者は、モノのスペックを正確に捉える写真です。
後者は、モノの世界観を絵描く写真です。


言われなくてもわかるぜ!と、いう方は、日常の中に「撮る」という行動がある方だと思います。
撮り慣れている方であれば、自然とこの二つの写真の究極が違うことがわかります。
しかし、フィギュアを造ることが100で、フィギュアを撮ることについてまともに考えたことがない方には
結構、刺激的な内容なのではないかと思います。


具体的に作例をご紹介します。

まずは、モノのスペックを正確に捉える写真の例です。
キーワードは影と絞りのコントロールです。
(最近のコンパクトデジカメや携帯カメラでは、わかりにくいかもしれませんが、
 撮影は基本的に光の量と角度を調整し、カメラの絞りシャッタースピード
 コントロールすることで行います。コンデジだとそれがオートで行われるので、
 なんとなく綺麗だけど、なんとなく綺麗以上には撮れないんですね。
 他にも、レンズのこととかカメラのこととか色々あるけど、それは沼にはまってからでOKです♪)

参考→fgフサフサさんの写真(ちょwww股っすか!?)



   →fg昔自分もそんな実験をした



   →デジタルカメラの絞りやシャッター

「foo-bar-baz」さんの写真はフィギュア「そのもの」の魅力を伝える撮り方となっています。
レビューとして、的確な明るさの中で不自然な影を取り除き、また、絞り値を高めにし、
ボケの少ないハッキリと全体像や各パーツが見れる撮り方になっています。

モノのスペックを正確に捉える写真と、モノの世界観を絵描く写真の
境界にある写真と位置づければ「figuephoto2」「figuephoto」さんが巧いです。
管理人のKONさんは主に関東圏のガレージキット販促写真を個人で手がけてらっしゃいます。
KONさんの撮影は、レビューよりも印象を大事にしている部分が強いと思います。
言葉で説明するよりはご覧いただいた方が伝わるかと思いますが、
照明器具の配置を凝らして、影をコントロールして印象的な仕上がりにしています。
コントラスト強め。比較的絞り値少なめ。ボケ味が綺麗な写真が多いです。

また、「りとる★にんふぇっと」さんの写真も非常に魅力的です。
管理人のろっくさんは、主に関西圏のガレージキット販促写真を手がけていらっしゃいます。
絞り値少なめはKONさんと共通していますが、比較的光のコントラストが弱く
ボケ味の柔らかさと共に光の扱いとしても柔らかい雰囲気が魅力の写真が多いです。

三者共に、影の扱いが違いますが、撮影にあたり小道具や舞台、ロケは行わず
被写体そのものの本質を取り出すような撮影が魅力的です。素晴らしい写真家さんです。



次に、モノの世界観を絵描く写真を撮られる写真家さんを紹介したいと思います。
fg:kagoさんの写真は、光の取り回しに加え、舞台や小道具、ストーリー性なども周到に用意され、
被写体の世界観を見事に描いています。



fg:SASAKIさんの写真は、セットとロケとのミックスです。



武装神姫をモデルとした写真が多いですが、kagoさんと異なり彼女たちのスケールに世界を
合わせるのではなく、私たちのスケールに彼女達がいたらというミニマムな世界観が魅力的です。

ねんどろいどの屋外撮影では、fg:ベルさんの写真が印象的です。



屋外という自分の力ではコントロールできない環境の中で、
これでもかという程に光を操り、多彩な写真を撮られます。
さりげなく小道具など用意したり、ボケ味を活用することで
屋外という私たちのスケール世界の中であっても、
フィギュアっぽさをださないところもまた巧いです。

三者共に、時に自作し、時にロケをすることで、
被写体の暮らし・被写体との暮らしを絵描いていくような写真が魅力的です
こちらも素晴らしい写真家さんです。


まとめ…
せっかく撮るのだからマシな写真が撮りたい。そう思うのは自然なことだと思います。
買い手にとっては、写真を撮ることで部屋の飾りだったフィギュアと改めて向き合えますし、
造り手にとっては、写真を撮ることで自分の作品を一区切りし、見つめることができます。


撮影技術に関しては、書籍やインターネットに書いてある内容でほぼ習得できます。
しかし、どんな写真が撮りたいのかは、一人一人答が違います。
ぜひ、様々な写真をご覧いただいて、自分の好きな写真を見つけて欲しいと思います。
そして、その写真のレシピを見出して、皆さんが素敵な写真を撮れるようになればと願っております。

ん~、自分自身はどんな写真が撮りたいのかなぁ…。うーん(´Д`)

3D‐GANが盛り上がっています

自分の近況にニーズがあるとはとても思えませんが、首都圏に帰ってきました!
職場に近い賃貸物件を見つけまして、ここ数日は埼玉と東京の往復と部屋の掃除でてんてこまいです。
実際、バテたり…。ちょっと本当にこんな体で大丈夫か不安がありますが、一歩一歩進んでいます。

さて、6月12日にちょっと面白い出来事がありました。私は不参加だったのですが…

「ちくたくらびっと」さんの呼び掛けで、GWに私もお邪魔した3D‐GANさんに(過去記事
多くのプロ・アマ原型師さんが3D原型のレクチャーを受けに行ったそうです。
総勢約20名超…!写真が3D‐GANさんからアップされているのですが、
いやはや決して狭い場所ではないのですが、事務所内ギュウギュウですね(笑)
トレフェス神戸前日の猫鯖さん(関西)みたいになってますw


パッと3D‐GANさんのツイートをいくつか抜粋…

本日14:00~ フィギュア原型師の皆さんに3Dデータと3Dプリンタのお話をしました。
ワタシはフィギュアとかホビーは専門ではないので個別の事情はわかりませんが、
3Dデータ適用、活用の観点からお話ししました。皆さん関心は高いです。

他国と比べて圧倒的に3Dモデリングをする人口比率が多い国にする方法は、たった一つあります。
それは 趣味性と3Dデータを結びつける事です

3D-GANは別にフィギュアの集まりではなく、
3Dデータを活用する人たちの集まりです。なので様々な産業の人が参加されています。
ただ、現在最も「これから3Dでやってみたいな、3Dも使えるようにならなきゃな」と
おっしゃっているのは、間違いなくフィギュアの人たちです。

本日、ワンダーフェスティバル実行委員会より書類が届きました。
3D-GANは20卓で参加致します。多彩な参加メンバーで面白いブースになりますよぉ。
7月24日は当会ブースでお会いしましょう。


会場そのものを取材できなかったので、どんな話がでてきたか実体験を持って書けませんが、
私の個人的な想いとしても、ツールが増えること、創作における表現媒体が増えること、
クリエイティブな作業が文化として根付いていくことは、何にしても良いことだと
前々から思っているので、本当に今回の訪問イベントは端で見ていても嬉しい出来事でした。

過去のワンフェスでは、つい新作発表のガレージキットばかりを追いかけてしまい
せっかく20卓近くも出展しているのにスルーをしていた3DCG連合の卓でした…が、
今日の出来事をきっかけに、この夏は私含め、多くの原型師さんや一般参加の方々に
新しい原型創作のアプローチとして、卓の存在感が一気に増すのではないかと思います。

引用にもあるように必ずしもフィギュアだけを考える場ではありませんが、
3D‐GANさんは、「立体」というものを現実世界・仮想現実世界双方から
客観的に見て考えるには、これ以上ない最高の空間だと思います。

ツイッターなどで、オフィスのスケジュールを軽く伺いつつ
スポンと機会がある時に一人でも仲間とでも訪問してみてはいかがでしょうか?


また、個人でも入会金5000円+年会費10,000円で3D‐GANさんの会員になることも可能です。

私は組織の回し者ではぁないんですが、
業界団体として多くの企業・個人の会費があって機材を購入して初めて
質実共に充実した運営が可能になるので宜しく頼んますと言われて、
それは確かにそうだよなと思ったので、しっかり宣伝させて頂きます。

正会員という区分等もその他ありますので、詳しくはホームページをご覧下さい。

うほ。僕もどうすっか考えなきゃね^^;


皆様の表現活動がより自由に闊達になることを心から応援したいと思います。

なんだかんだでもやっぱりワンフェスが楽しみ!
テンションあがって来た!!



« Prev|Top|Next »

HOME

yuu

Author:yuu
ガレージキットのイベントに出没しては写真を撮ってます。
取材は足で、直に聴く!をモットーにレポートを書きます。
まだ2010年のワンフェス冬が初イベント参加のピヨピヨですが
どうぞ宜しくお願い致します。 

ツイッターしてます。yuu_T556です。
E-mail dekodekoodeko(アットマーク)msn.com

[ジャンルランキング]
サブカル
470位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガレージキット
11位
アクセスランキングを見る>>

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。